ドイツ語検定書

happy students learning about grammar theories

TalkPalは、AIが生成した語学学習アプリで、ユーザーがこれらの英語試験の準備をするのを助けることができます。 TalkPalは、スピーキングとリスニングのスキルの向上に主眼を置き、リアルでインタラクティブな会話と発音の練習を提供します。 そのAIの性質により、パーソナライズされたフィードバックが可能になり、ユーザーは進捗状況と改善すべき領域を理解するのに役立ちます。

ドイツ語能力は、TestDaF、Goethe-Zertifikat、DSH、ÖSD、telcなどのいくつかの試験を通じて評価されることがよくあります。 これらの試験は、ドイツ語を母国語としない人の能力を評価するもので、正式な能力証明書として広く認められています。 各テストには、言語能力レベル、アプリケーションの使用、およびスコアリングシステムの点で他のテストと区別する特定の特性があります。

ドイツ語検定書

TestDaF:

TestDaF (Test Deutsch als Fremdsprache): これは、ドイツで勉強または研究を行う予定の外国人ドイツ語学習者向けに設計された標準化されたテストです。 この試験では、語学学習の4つの側面(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)すべてにおける受験者の習熟度がテストされます。

Goethe-Zertifikat:

ゲーテ・ツェルティフィカットは世界中で認められており、ゲーテ・ツェルティフィカット検定には、学習者の習熟度に合わせていくつかのレベルがあります。 さらに、A1(初級)、A2、B1、B2、C1、C2(上級)の6つのモジュールに分かれています。

DSH:

DSH (Deutsche Sprachprüfung für den Hochschulzugang): この試験は、ドイツの大学での勉強を希望し、語学力を証明する必要がある人を対象としています。 DSHは通常、大学を通じて提供され、合格点は通常かなり高いです。

ÖSD:

ÖSD (Österreichisches Sprachdiplom Deutsch): ÖSD証明書は、国際的に認められたドイツ語能力の証明を提供します。 習熟度に応じてさまざまな試験が実施されるため、ドイツ語の幅広い理解を目指す学習者の間で人気があります。

telc:

telc (ヨーロッパ言語証明書): これも国際標準化された語学能力の審査制度です。 telc は、A1 から C2 までのすべてのレベルの認定を提供しています。 日常生活や職場のシナリオに焦点を当てているため、この証明書はドイツ語圏の国で就職を希望する人に特に役立ちます。