どの言語を学びたいですか?

Lære vs. Undervise – デンマーク語で学ぶことと教えること

デンマーク語を学ぶ際に、多くの学習者が混乱するのは、「lære」と「undervise」という動詞違いです。日本語で言えば、「学ぶ」と「教える」という二つ概念相当します。しかし、これらの動詞使い方ニュアンスは、デンマーク語では少し異なります。この記事では、「lære」と「undervise」の違いについて詳しく説明し、具体的例文通じてその使い方を学んでいきましょう。

lære(学ぶ)

デンマーク語の「lære」は、日本語の「学ぶ」や「習う」に相当します。この動詞は、自分新しいことを習得する過程指します

例文

1. Jeg vil lære dansk. (私はデンマーク語を学びたいです。)
2. Børnene lærer at læse og skrive. (子供たちは読むことと書くことを学びます。)
3. Han lærte at spille guitar. (彼はギターの弾き方学びました。)

このように、「lære」は学習者新しいスキルや知識獲得する状況使われます

undervise(教える)

一方、「undervise」は、日本語の「教える」に相当し、教師指導者他の人知識スキル伝えることを意味します。

例文

1. Han underviser i matematik. (彼は数学を教えています。)
2. Jeg underviser børnene i engelsk. (私は子供たちに英語を教えます。)
3. Hun underviser på universitetet. (彼女は大学で教えています。)

このように、「undervise」は、知識スキル他の人伝えるという行為指します

使い方の違い

lære」と「undervise」の最大違いは、主体であるかです。「lære」は学ぶ側、「undervise」は教える側表します

例えば、次のような対比可能です。

1. Jeg vil lære at spille klaver. (私はピアノを学びたいです。)
2. Han underviser mig i at spille klaver. (彼は私にピアノを教えています。)

このでは、「lære」が学びたいという自分意欲示し、「undervise」が他の人その知識伝えるという状況表します

同時に使う場合

興味深いことに、「lære」と「undervise」は同じ文の中で同時に使うことも可能です。例えば:

1. Jeg lærer dansk af min lærer, som underviser mig. (私は私の先生からデンマーク語を学びます。彼は私にデンマーク語を教えています。)

この文では、「lære」が学習者立場を、「undervise」が教師立場表しています

動詞の活用

デンマーク語の動詞規則的活用します。「lære」と「undervise」も例外ではありません。

læreの活用

1. Infinitiv: lære
2. Nutid (現在形): lærer
3. Datid (過去形): lærte
4. Førnutid (現在完了形): har lært

例文

1. Jeg lærer dansk nu. (私は今デンマーク語を学んでいます。)
2. Jeg lærte dansk sidste år. (私は昨年デンマーク語を学びました。)
3. Jeg har lært meget i år. (私は今年多くを学びました。)

underviseの活用

1. Infinitiv: undervise
2. Nutid (現在形): underviser
3. Datid (過去形): underviste
4. Førnutid (現在完了形): har undervist

例文

1. Han underviser i dag. (彼は今日教えています。)
2. Han underviste sidste år. (彼は昨年教えました。)
3. Han har undervist i mange år. (彼は長年教えてきました。)

他の関連動詞

デンマーク語には、「lære」と「undervise」のにも、学ぶことや教えることに関連する動詞がいくつかあります。以下にいくつか紹介します。

studere(勉強する)

studere」は学問的勉強意味します。

1. Jeg studerer biologi. (私は生物学を勉強しています。)
2. Han studerer på universitetet. (彼は大学で勉強しています。)

instruere(指導する)

instruere」は具体的技術手順教えることを意味します。

1. Hun instruerer i førstehjælp. (彼女は応急処置の指導をしています。)
2. Instruktøren instruerede os i at bruge udstyret. (インストラクターは私たちに機器使い方教えました。)

まとめ

デンマーク語の「lære」と「undervise」は、それぞれ「学ぶ」と「教える」という異なる概念を表す動詞です。「lære」は学習者新しいことを習得する過程表し、「undervise」は教師指導者他の人知識スキル伝えることを意味します。この違い理解することで、より正確なデンマーク語の表現可能になります。

また、動詞活用形関連する他の動詞覚えることで、より豊かな表現ができるようになります。デンマーク語の学習続け練習重ねることで、自然に「lære」と「undervise」を使い分けられるようになりましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。