どの言語を学びたいですか?

Naik vs. Turun – マレー語で「上がる」と「下がる」

マレー語の学習を進める中で、特定の動詞が持つニュアンスや使い方の違いに迷うことがあるかもしれません。特に「上がる」と「下がる」を表す「naik」「turun」は、その典型的な例です。この記事では、これらの動詞の意味や使い方について詳しく解説します。

「naik」と「turun」の基本的な意味

まず、基本的な意味を確認しましょう。「naik」は「上がる」や「乗る」、「上昇する」を意味します。一方、「turun」は「下がる」や「降りる」、「下降する」を意味します。これらの動詞は、日常生活や旅行などさまざまな場面で頻繁に使われます。

「naik」の具体的な使い方

「naik」は、物理的な上昇や移動を表すだけでなく、抽象的な意味でも使われます。以下に具体例を挙げて説明します。

1. **物理的な上昇・移動**

– Saya naik ke lantai dua.
(私は2階に上がる。)

– Mereka naik gunung.
(彼らは山に登る。)

2. **乗り物に乗る**

– Saya naik bus ke sekolah.
(私は学校へ行くためにバスに乗る。)

– Kami naik kereta api ke Jakarta.
(私たちはジャカルタへ行くために電車に乗る。)

3. **抽象的な上昇**

– Harga barang naik setiap tahun.
(商品の価格は毎年上がる。)

– Suhu udara naik pada siang hari.
(昼間に気温が上がる。)

「turun」の具体的な使い方

一方、「turun」も同様に物理的および抽象的な意味で使われます。以下に具体例を挙げて説明します。

1. **物理的な下降・移動**

– Saya turun ke lantai satu.
(私は1階に下がる。)

– Mereka turun dari gunung.
(彼らは山から降りる。)

2. **乗り物から降りる**

– Saya turun dari bus di halte.
(私はバス停でバスから降りる。)

– Kami turun dari kereta api di stasiun.
(私たちは駅で電車から降りる。)

3. **抽象的な下降**

– Harga barang turun pada musim diskon.
(セールの時期に商品の価格が下がる。)

– Suhu udara turun pada malam hari.
(夜間に気温が下がる。)

文脈による使い分け

「naik」「turun」は、そのまま対義語として使われることが多いですが、文脈によっては微妙なニュアンスの違いが生じることもあります。例えば、感情や評価の変化を表現する際にもこれらの動詞が使われます。

– Suasana hati saya naik setelah mendengar berita baik.
(良い知らせを聞いて気分が上がった。)

– Motivasi saya turun setelah gagal dalam ujian.
(試験に失敗してモチベーションが下がった。)

関連するフレーズや表現

「naik」「turun」を使った表現は非常に多く、覚えておくと便利です。いくつかの例を挙げます。

1. **Harga naik / turun**
– Harga beras naik minggu ini.
(今週は米の価格が上がった。)

– Harga minyak turun karena pandemi.
(パンデミックの影響で油の価格が下がった。)

2. **Tingkat naik / turun**
– Tingkat kelulusan siswa naik tahun ini.
(今年は生徒の合格率が上がった。)

– Tingkat kejahatan turun di kota ini.
(この都市では犯罪率が下がった。)

3. **Pangkat naik / turun**
– Dia naik pangkat menjadi manajer.
(彼はマネージャーに昇進した。)

– Karena kesalahan, dia turun pangkat.
(ミスのため、彼は降格した。)

日常会話での応用

マレー語の日常会話では、「naik」「turun」が非常に頻繁に使われます。以下のダイアログは、その具体例です。

1. **乗り物の会話**

A: Kamu naik apa ke sini?
(ここまで何に乗って来たの?)

B: Saya naik sepeda motor.
(バイクに乗って来たよ。)

A: Nanti kita turun di mana?
(後でどこで降りるの?)

B: Kita turun di halte berikutnya.
(次のバス停で降りるよ。)

2. **建物内の移動**

A: Kita perlu naik lift ke lantai tiga.
(エレベーターで3階に上がる必要がある。)

B: Saya sudah turun tadi, tapi lupa dokumen.
(さっき下がったけど、書類を忘れた。)

まとめ

「naik」「turun」は、マレー語の基本的な動詞であり、さまざまな場面で使われます。物理的な上昇や下降だけでなく、抽象的な意味でも広く使われるため、これらの動詞の使い方をしっかりとマスターすることが重要です。日常生活や旅行、ビジネスの場でも頻繁に使用されるため、ぜひ例文を参考にして実際の会話に取り入れてみてください。

マレー語の学習を進める中で、このような基本的な動詞をしっかりと理解することは、言語運用能力の向上に直結します。引き続き、他の基本動詞や表現についても学習を深めていきましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。