どの言語を学びたいですか?

Dekat vs. Di sekitar – インドネシア語で「近く」と「周り」

インドネシア語を学んでいると、「近く」や「周り」という概念を表す表現がいくつかあります。その中でも特に重要なのが「dekat」と「di sekitar」です。これらの表現は似ているようで異なり、使い分けが必要です。この記事では、「dekat」と「di sekitar」の違いや使い方について詳しく説明します。

dekat の使い方

dekatは日本語で「近い」や「近く」を意味します。物理的な距離が短い場合や、時間的に近い場合にも使われます。以下に具体的な例を挙げてみましょう。

1. 物理的な距離の例:
– Rumah saya dekat dengan sekolah. (私の家は学校近くです。)
– Apotek itu dekat dari sini. (その薬局はここから近いです。)

2. 時間的な距離の例:
– Ujian sudah dekat. (試験がもうすぐ近いです。)
– Hari libur dekat datang. (休日が近くに来ます。)

dekat を使ったフレーズ

インドネシア語では、dekatを使ったさまざまなフレーズがあります。これらのフレーズを覚えることで、会話がより自然になります。

1. dekat sekali (とても近い)
– Rumahnya dekat sekali dari sini. (彼の家はここからとても近いです。)

2. dekat dengan (〜に近い)
– Kantor saya dekat dengan stasiun. (私のオフィスは駅に近いです。)

3. terdekat (最も近い)
– Apotek terdekat di mana? (最も近い薬局はどこですか?)

di sekitar の使い方

一方で、di sekitarは「周りに」や「周辺」を意味します。特定の場所の周囲にあるものや状況を説明する際に使用されます。以下に例を挙げてみましょう。

1. 場所の周りの例:
– Ada banyak kafe di sekitar kampus. (キャンパスの周りにはたくさんのカフェがあります。)
– Taman ini di sekitar rumah saya. (この公園は私の家の周りにあります。)

2. 状況の周りの例:
Di sekitar gedung ini ada banyak toko. (このビルの周辺にはたくさんの店があります。)
Di sekitar pasar ada banyak pedagang kaki lima. (市場の周りにはたくさんの露天商がいます。)

di sekitar を使ったフレーズ

di sekitarを使ったフレーズも多く、日常会話で非常に役立ちます。

1. di sekitar sini (この周りに)
– Ada ATM di sekitar sini? (この周りにATMはありますか?)

2. di sekitar lokasi (その場所の周りに)
– Ada apa saja di sekitar lokasi ini? (この場所の周りには何がありますか?)

3. di sekitar jam (〜の周りの時間)
– Kita akan bertemu di sekitar jam 6 sore. (私たちは午後6時周りに会います。)

dekat と di sekitar の違い

これまでの説明でわかるように、dekatdi sekitarは似ているようで異なる使い方をします。以下にその違いをまとめてみます。

1. 距離の違い
dekatは具体的な距離が近いことを示しますが、di sekitarは特定の場所の周りにあることを示します。

2. 対象の違い
dekatは物理的な場所や時間を対象にしますが、di sekitarは特定の場所の周囲の状況や物を対象にします。

3. 使い方の違い
dekatは「〜に近い」という形で使われることが多いですが、di sekitarは「〜の周りに」という形で使われることが多いです。

まとめ

インドネシア語で「近く」や「周り」を表す際には、「dekat」と「di sekitar」の使い分けが重要です。dekatは具体的な距離や時間に対して使い、di sekitarは特定の場所の周囲にあるものや状況を説明する際に使います。これらの違いを理解し、適切に使い分けることで、インドネシア語の表現力が向上します。練習を重ねて、自然な会話を楽しんでください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。