どの言語を学びたいですか?

Apa vs. Siapa – マレー語で「何と誰」

マレー語を学ぶ際に、基本的な疑問詞である「Apa」(何)と「Siapa」(誰)の使い方を理解することは非常に重要です。これらの言葉は日常会話で頻繁に使われるため、正しく使いこなすことでコミュニケーションがスムーズになります。本記事では、マレー語の「Apa」「Siapa」の使い方について詳しく解説します。

Apaの使い方

「Apa」「何」を意味し、物事や事象について尋ねる際に使います。以下に具体的な使用例を挙げてみましょう。

基本的な質問

1. Apa ini? (これはですか?)
2. Apa yang kamu lakukan? (君はをしていますか?)
3. Apa yang terjadi? (が起こったのですか?)

これらの質問は、物や出来事についての情報を求める際に使用されます。たとえば、新しい物を見つけたときや、誰かが何かをしているのを見かけたときに使います。

より複雑な質問

1. Apa maksudnya? (それはを意味しますか?)
2. Apa yang kamu pikirkan tentang ini? (これについて君はを考えていますか?)
3. Apa alasan kamu datang ke sini? (君がここに来た理由ですか?)

これらの質問は、より深い情報や理由を求める際に使用されます。特に会話が深まるときや、詳細な説明を求める場合に役立ちます。

Siapaの使い方

「Siapa」「誰」を意味し、人について尋ねる際に使います。こちらも具体的な使用例を見てみましょう。

基本的な質問

1. Siapa dia? (彼はですか?)
2. Siapa nama kamu? (君の名前はですか?)
3. Siapa yang menelepon tadi? (さっきが電話をかけてきたのですか?)

これらの質問は、特定の人についての情報を求める際に使用されます。たとえば、新しい人に出会ったときや、電話をかけてきた人を知りたいときに使います。

より複雑な質問

1. Siapa yang bertanggung jawab untuk ini? (これに対してが責任を持っていますか?)
2. Siapa yang akan datang ke pesta itu? (そのパーティーにが来るのですか?)
3. Siapa yang kamu pikir bisa membantu? (君はが助けてくれると思いますか?)

これらの質問は、特定の役割や行動をする人についての情報を求める際に使用されます。特に、特定の責任を持つ人やイベントに参加する人について尋ねる場合に役立ちます。

ApaとSiapaの違い

「Apa」「Siapa」の違いは明確です。「Apa」は物事や事象について尋ねる際に使用し、「Siapa」は人について尋ねる際に使用します。以下の表でその違いを確認してみましょう。

Apa ini? (これはですか?)
Siapa dia? (彼はですか?)

Apa yang kamu lakukan? (君はをしていますか?)
Siapa yang menelepon tadi? (さっきが電話をかけてきたのですか?)

このように、質問の内容によって適切な疑問詞を選ぶことが重要です。

練習問題

最後に、「Apa」「Siapa」の使い方を練習するための問題をいくつか用意しました。以下の質問に答えてみてください。

1. Apa yang ada di meja itu? (そのテーブルの上にがありますか?)
2. Siapa yang mengajar kelas ini? (このクラスを教えているのはですか?)
3. Apa yang membuat kamu tertarik pada bahasa ini? (この言語に興味を持った理由ですか?)
4. Siapa yang menjadi teman terbaik kamu? (君の一番の友達はですか?)

これらの練習問題を通じて、「Apa」「Siapa」の使い分けをしっかりと理解し、日常会話で正しく使えるようになりましょう。

マレー語の学習が進む中で、「Apa」「Siapa」を使いこなすことは非常に重要です。これらの疑問詞を正しく使うことで、コミュニケーションがスムーズになり、マレー語の理解が深まります。是非、この記事を参考にして、実際の会話で積極的に使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。