どの言語を学びたいですか?

Akan vs. Mau – インドネシア語で「意志」と「したい」

インドネシア語を学んでいると、文の中で「意志」や「したい」を表現するための重要な単語に出会うことがあります。その中でも、「akan」「mau」特に混乱しやすい表現の一つです。これらの単語はどちらも未来意志を示すために使われますが、その使い方ニュアンスには違いがあります。この記事では、「akan」「mau」違い詳しく見ていきましょう。

「akan」の使い方

「akan」未来の出来事や意志示すために使われます英語「will」近い意味を持ち、予定予測計画について言及する際に使われます

例文

1. Saya akan pergi ke Jakarta besok. (私は明日ジャカルタに行くつもりです。)
2. Mereka akan datang pukul tujuh malam. (彼らは午後7時に来る予定です。)
3. Apakah kamu akan belajar bahasa Indonesia? (あなたはインドネシア語を学ぶつもりですか?)

「akan」確定的未来を示すため、予定計画について話すときに使うのが適しています

「mau」の使い方

一方、「mau」欲望意志を示すために使われます英語「want」近い意味を持ち、何かしたいという気持ち表現する際に使われます

例文

1. Saya mau makan nasi goreng. (私はナシゴレン食べたいです。)
2. Apakah kamu mau pergi ke bioskop? (あなたは映画館行きたいですか?)
3. Mereka mau belajar bahasa Inggris. (彼らは英語学びたいです。)

「mau」個人的欲望意志を示すため、自分他人欲望について話すときに使われます

「akan」「mau」使い分け

「akan」「mau」使い分けは、文脈ニュアンスによって異なります未来予定計画について話すときは「akan」使い欲望意志表現する際は「mau」使います

例文の比較

1. Saya akan pergi ke Bali. (私はバリに行く予定です。)
2. Saya mau pergi ke Bali. (私はバリに行きたいです。)

上記では、「akan」確定的予定を示し、「mau」欲望表現しています。

その他の例文

「akan」「mau」使ったその他の例文見て、その違い理解しましょう。

「akan」の例文

1. Kita akan bertemu di stasiun. (私たちは会う予定です。)
2. Mereka akan berangkat besok pagi. (彼らは明日出発する予定です。)
3. Apakah kamu akan membeli rumah baru? (あなたは新しい家を買う予定ですか?)

「mau」の例文

1. Saya mau minum kopi. (私はコーヒー飲みたいです。)
2. Apakah kamu mau belajar bersama? (あなたは一緒勉強したいですか?)
3. Mereka mau pergi ke pantai. (彼らはビーチ行きたいです。)

まとめ

「akan」「mau」はインドネシア語で未来意志を表現する重要な単語です。それぞれの使い方ニュアンス理解することで、より自然なインドネシア語を話すことができます。未来予定計画について話すときは「akan」使い欲望意志表現する際は「mau」使うことを覚えておきましょう。

インドネシア語の学習進める中で、これらの単語正しく使えるように練習し、さらにスムーズコミュニケーションができるようになってください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。