どの言語を学びたいですか?

Var vs. Varð – アイスランド語で「あった」と「なった」

アイスランド語を学ぶ際に、「var」「varð」という二つの単語に出会うことがあります。どちらも過去形であり、よく似た意味を持つため、初心者にとっては混乱しがちです。しかし、正確に使い分けることが重要です。この記事では、これらの動詞の違いと使い方について詳しく説明します。

「var」とは?

「Var」は、アイスランド語の動詞「vera」(英語の「be」に相当)の過去形です。基本的には「あった」「いた」という意味で使われます。たとえば:

– Ég var heima.(私は家にいた。)
– Hann var í vinnunni.(彼は仕事にいた。)

このように、「var」は存在や状態を表すときに使われます。

「var」の活用形

アイスランド語は文法的に複雑で、動詞の活用も豊富です。「Var」の他の人称や数に対応する活用形は以下の通りです:

– Ég var(私はあった
– Þú varst(あなたはあった
– Hann/Hún/Það var(彼/彼女/それはあった
– Við vorum(私たちはあった
– Þið voruð(あなたたちはあった
– Þeir/Þær/Þau voru(彼ら/彼女ら/それらはあった

「varð」とは?

一方、「varð」は動詞「verða」(英語の「become」に相当)の過去形です。「varð」「なった」という意味で使われ、変化や結果を表します。たとえば:

– Ég varð veikur.(私は病気になった。)
– Hún varð kennari.(彼女は教師になった。)

このように、「varð」は変化や状態の変遷を表現する際に使われます。

「varð」の活用形

「Varð」も他の人称や数に対応する活用形があります:

– Ég varð(私はなった
– Þú varst(あなたはなった
– Hann/Hún/Það varð(彼/彼女/それはなった
– Við urðum(私たちはなった
– Þið urðuð(あなたたちはなった
– Þeir/Þær/Þau urðu(彼ら/彼女ら/それらはなった

使い分けのポイント

「Var」「varð」の使い分けは、主に文脈に依存します。以下のポイントを押さえておくと良いでしょう:

1. **存在や状態を表すとき**:「var」を使います。例:Ég var heima.(私は家にいた。)
2. **変化や結果を表すとき**:「varð」を使います。例:Ég varð veikur.(私は病気になった。)

具体的な例文

以下に、「var」「varð」を使った具体的な例文をいくつか紹介します:

– Þegar ég var barn, lék ég mér mikið.(私が子供だったとき、よく遊びました。)
– Hann var alltaf mjög vingjarnlegur.(彼はいつもとても親切だった。)
– Þau urðu góðir vinir.(彼らは良い友達になった。)
– Hún varð mjög hissa þegar hún heyrði fréttirnar.(彼女はそのニュースを聞いてとても驚きになった。)

練習問題

最後に、実際に使い分けを練習するための問題をいくつか提供します。括弧の中に適切な形を入れてください:

1. Ég (____) í skóla í gær.(私は昨日学校にいた。)
2. Hann (____) mjög reiður.(彼はとても怒りになった。)
3. Við (____) heima um helgina.(私たちは週末に家にいた。)
4. Þau (____) foreldrar fyrir tveimur árum.(彼らは二年前に両親になった。)

答え:
1. var
2. varð
3. vorum
4. urðu

以上が、アイスランド語の「var」「varð」の使い分けについての説明です。これらの動詞を正確に使いこなすことで、アイスランド語の理解が深まることでしょう。練習を続けて、より自然な表現ができるようになりましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。