どの言語を学びたいですか?

Sewaktu vs. Ketika – インドネシア語の「ながら」と「いつ」

インドネシア語を学ぶ際に、さまざまな接続詞や副詞が登場しますが、その中でも「sewaktu」「ketika」という2つの単語の使い方に悩む学習者が多いかもしれません。これらの単語はどちらも「ながら」「いつ」の意味を持ち、文脈によって使い分けが必要です。この記事では、これらの単語の違いや使い方について詳しく説明します。

「sewaktu」とは?

「sewaktu」は、時間を表す接続詞であり、特定の出来事が起こっている「間」を示します。例えば、ある動作が行われている「間」に他の動作が行われることを示す際に使います。

例文を見てみましょう:

1. Sewaktu saya makan, dia datang.
2. Sewaktu kamu tidur, saya bekerja.

これらの例文では、「sewaktu」「〜している間に」という意味を持っていることがわかります。つまり、ある動作が進行している「間」に他の出来事が起こることを示しています。

「ketika」との違い

次に、「ketika」について見てみましょう。「ketika」も時間を表す接続詞ですが、特定の「時点」を示す際に使われます。つまり、ある特定の瞬間に何かが起こることを示すのです。

例文を見てみましょう:

1. Ketika saya datang, dia sedang makan.
2. Ketika kamu menelpon, saya sedang tidur.

これらの例文では、「ketika」「〜した時に」という意味を持っていることがわかります。つまり、ある特定の瞬間に何かが起こることを示しています。

具体的な使い方と例文

具体的な使い方をより詳しく見てみましょう。まずは、「sewaktu」「ketika」の違いを明確にするために、同じ状況を異なる視点から表現してみます。

1. Sewaktu saya membaca buku, adik saya menonton TV.
2. Ketika saya membaca buku, adik saya datang ke kamar.

この2つの例文では、「sewaktu」「ketika」の使い方の違いが明確です。最初の例文では、私が本を読んでいる「間」に弟がテレビを見ている状況を示しています。一方、2つ目の例文では、私が本を読んでいる「時」に弟が部屋に入ってくる状況を示しています。

さらなる例文と練習問題

より多くの例文と練習問題を通じて、「sewaktu」「ketika」の違いを理解しましょう。

1. Sewaktu kamu bermain di taman, saya membaca buku.
2. Ketika kamu bermain di taman, hujan mulai turun.

これらの例文からも、「sewaktu」はある動作が進行している「間」に他の出来事が起こることを示し、「ketika」は特定の「時点」で何かが起こることを示していることがわかります。

以下の練習問題を通じて、これらの単語の使い方を確認しましょう:

1. _____ saya pergi ke sekolah, saya bertemu dengan teman lama.
2. _____ kamu belajar, saya akan memasak makan malam.
3. _____ saya sedang menulis, telepon berbunyi.

解答:

1. Ketika
2. Sewaktu
3. Sewaktu

これらの練習問題を通じて、「sewaktu」「ketika」の使い方を確かめることができます。

まとめ

この記事では、インドネシア語の「sewaktu」「ketika」の違いや使い方について詳しく説明しました。「sewaktu」はある動作が進行している「間」に他の出来事が起こることを示し、「ketika」は特定の「時点」で何かが起こることを示します。この記事を通じて、これらの単語の使い方を理解し、実際の会話や文章で正しく使えるようになりましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。