どの言語を学びたいですか?

Pirms vs. Pēc – ラトビア語の「前と後」

ラトビア語を学んでいる皆さん、こんにちは!今日はラトビア語の「前」と「後」を表す単語pirmspēcについて詳しく見ていきましょう。この二つ単語日常会話文章で頻繁に使われるため、正しく理解して使えるようになることはとても重要です。

pirmsの使い方

pirms英語の「before」に相当し、ある出来事時点を表します。例えば、次のようなで使われます。

1. 時間の前を表す

Es nāku pirms pusdienām.
私は昼食に来ます。)

この場合pirms「昼食の前」という時間を示しています。

2. 出来事の前を表す

Viņi satikās pirms koncerta.
彼らはコンサート会いました。)

ここでは、pirms「コンサートの前」という出来事を示しています。

3. 順序の前を表す

Es pabeidzu darbu pirms vakariņām.
私は夕食仕事終えました。)

このでは、pirms「夕食の前」という順序を示しています。

pēcの使い方

pēc英語の「after」に相当し、ある出来事時点を表します。次のようなで使われます。

1. 時間の後を表す

Es nāku pēc pusdienām.
私は昼食に来ます。)

この場合pēc「昼食の後」という時間を示しています。

2. 出来事の後を表す

Viņi satikās pēc koncerta.
彼らはコンサート会いました。)

ここでは、pēc「コンサートの後」という出来事を示しています。

3. 順序の後を表す

Es pabeidzu darbu pēc vakariņām.
私は夕食仕事終えました。)

このでは、pēc「夕食の後」という順序を示しています。

文の中でのpirmsとpēcの使い方

pirmspēc正しく使うためには、文法基本を理解することが重要です。以下の例文を見てみましょう。

1. pirmsを使った例文

Es gatavoju vakariņas pirms viņa atnāca.
私は彼が来る前に夕食を作りました。)

このでは、pirms「彼が来る前」を示しています。

2. pēcを使った例文

Es gatavoju vakariņas pēc viņa aizgāja.
私は彼が去った後に夕食を作りました。)

このでは、pēc「彼が去った後」を示しています。

pirmsとpēcの違い

pirmspēc主な違いは、時間出来事を示すことです。以下のを参考にしてみてください。

1. pirms

Es lasīju grāmatu pirms gulētiešanas.
私は寝る前に本を読みました。)

このでは、pirms「寝る前」を示しています。

2. pēc

Es lasīju grāmatu pēc brokastīm.
私は朝食後に本を読みました。)

このでは、pēc「朝食の後」を示しています。

練習問題

ここでは、pirmspēc使い方練習するための問題をいくつか用意しました。

1. 次の文を完成させなさい。

Es eju gulēt _____ pusnakts.
私は真夜中の前/後に寝ます。)

答え: pēc

2. 次の文を完成させなさい。

Viņš atnāk _____ darba.
彼は仕事の前/後に来ます。)

答え: pēc

3. 次の文を完成させなさい。

Mēs runājām _____ lekcijas.
私たちは講義の前/後話しました。)

答え: pirms

まとめ

pirmspēcは、ラトビア語の基本的単語であり、日常会話文章で頻繁に使われます。pirms「前」を、pēc「後」を示します。これらの単語正しく使うことができれば、ラトビア語の理解深まりコミュニケーションスムーズになります。

最後に、pirmspēc使い方練習し、の中で自然に使えるようにしましょう。これからも頑張ってラトビア語を学んでくださいね!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。