どの言語を学びたいですか?

Masih vs. Tetap – Still vs. Stay in インドネシア語

インドネシア語を学ぶ際に、「masih」「tetap」という2つの単語が頻繁に登場します。日本語では、どちらも「まだ」や「依然として」という意味で訳されることがありますが、それぞれの使い方には微妙な違いがあります。この違いを理解することで、より正確なインドネシア語の表現が可能になります。

「masih」の使い方

「masih」は、主に「まだ」や「依然として」という意味で使われます。この単語は、ある状態や状況が継続していることを表現する際に使用されます。例えば、「彼はまだ寝ている」という文をインドネシア語で表現する際には、「Dia masih tidur」となります。

例文:
1. 「Saya masih di kantor」(私はまだオフィスにいます)
2. 「Apakah kamu masih lapar?」(あなたはまだお腹が空いていますか?)
3. 「Mereka masih menunggu」(彼らはまだ待っています)

このように、「masih」は現在進行形や状況の継続を表す際に非常に便利です。

「tetap」の使い方

一方で、「tetap」は「変わらず」や「そのまま」という意味で使われます。これは、ある状態が変わらずに維持されていることを強調する際に使用されます。例えば、「彼はそのまま部屋にいる」という文をインドネシア語で表現する際には、「Dia tetap di kamar」となります。

例文:
1. 「Saya akan tetap di sini」(私はここにとどまります)
2. 「Meskipun hujan, kita tetap pergi」(雨が降っても、私たちは行きます)
3. 「Dia tetap tenang dalam situasi sulit」(彼は困難な状況でも冷静です)

「masih」「tetap」の使い分け

「masih」「tetap」の使い分けは、文脈によって異なります。「masih」は、ある状態や行動が続いていることを示すために使われ、一方で「tetap」は、その状態が変わらないことを強調するために使われます。

例えば、「Dia masih belajar」(彼はまだ勉強しています)という文は、勉強が続いていることを示しています。一方で、「Dia tetap belajar meskipun lelah」(彼は疲れていても勉強を続けます)という文は、疲れていてもその状態を維持していることを示しています。

状況の継続と維持の違い

「masih」は、時間の経過とともに続いている状態を表すのに対し、「tetap」は、その状態が変わらずに維持されていることを強調します。例えば、「Saya masih bekerja di perusahaan itu」(私はまだその会社で働いています)は、その会社での勤務が続いていることを示します。一方で、「Saya tetap bekerja di perusahaan itu meskipun ada tawaran lain」(他のオファーがあっても、その会社で働き続けます)は、他のオファーがあってもその状態を維持することを示しています。

具体的な文脈での使い分け

具体的な文脈での使い分けをいくつか見てみましょう。

「masih」を使った例:
1. 「Anak-anak masih bermain di taman」(子供たちはまだ公園で遊んでいます)
2. 「Apakah kamu masih ingin pergi?」(あなたはまだ行きたいですか?)
3. 「Dia masih mengerjakan tugasnya」(彼はまだ課題をやっています)

「tetap」を使った例:
1. 「Mereka tetap bersemangat meskipun kalah」(彼らは負けても熱心です)
2. 「Saya akan tetap mendukungmu」(私はあなたをサポートし続けます)
3. 「Dia tetap setia kepada temannya」(彼は友人に対して忠実です)

ニュアンスの理解

「masih」「tetap」の違いを理解するためには、ニュアンスの違いを把握することが重要です。「masih」は、何かが続いていることを示すのに対し、「tetap」は、その状態が外部の影響を受けずに維持されていることを強調します。

例えば、「Dia masih di rumah」(彼はまだ家にいます)は、彼が家にいる状態が続いていることを示します。一方で、「Dia tetap di rumah meskipun ada pesta」(パーティーがあっても彼は家にいます)は、パーティーがあってもその状態を維持していることを示します。

まとめ

インドネシア語の「masih」「tetap」は、どちらも「まだ」や「依然として」という意味で使われますが、その使い方には微妙な違いがあります。「masih」は、ある状態や行動が続いていることを示すために使われ、一方で「tetap」は、その状態が変わらないことを強調するために使われます。これらの違いを理解することで、より正確なインドネシア語の表現が可能になります。インドネシア語を学ぶ際には、これらの単語の使い方をしっかりとマスターし、文脈に応じて適切に使い分けることが重要です。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。