どの言語を学びたいですか?

Karena vs. Sebab – インドネシア語の「理由」と「原因」

インドネシア語を勉強していると、「karena」「sebab」という単語に出会うことが多いでしょう。これらの単語はどちらも「理由」「原因」意味しますが、使い方ニュアンスに若干の違いがあります。この記事では、「karena」「sebab」の違いについて詳しく説明し、どのような場面でどちらを使うべきかを解説します。

「karena」の使い方

「karena」理由原因表すための一般的単語です。の中で接続詞として使われることが多く、理由原因を説明する際に用いられます。例えば:

Saya tidak pergi ke kantor karena hujan deras.
(私は大雨ため会社に行きませんでした。)

この場合「karena」「~のため」という意味で使われており、原因理由を説明しています。

「karena」使い方例文

1. Dia tidak makan karena sakit perut.
(彼/彼女は腹痛ため食事をしません。)

2. Kami terlambat karena macet.
(私たちは渋滞ため遅刻しました。)

3. Acara dibatalkan karena cuaca buruk.
天候不良ためイベントが中止されました。)

これらの例文を見ればわかるように、「karena」様々な場面使うことができます。

「sebab」の使い方

一方、「sebab」理由原因表すための単語ですが、文脈によっては名詞として使われることがあります。「sebab」フォーマル場面書き言葉でよく使われます。例えば:

Dia tidak hadir sebab sakit.
(彼/彼女は病気ため欠席しました。)

この場合「sebab」理由を示していますが、構造が少し異なります。

「sebab」使い方例文

1. Proyek ini terlambat sebab kurangnya dana.
(このプロジェクト資金不足ために遅れました。)

2. Dia marah sebab diperlakukan tidak adil.
(彼/彼女は不公平に扱われたために怒っています。)

3. Keputusan ini diambil sebab pertimbangan matang.
(この決定慎重な検討結果として下されました。)

これらの例文を見ればわかるように、「sebab」よりフォーマルニュアンスがあります。

使い分けのポイント

「karena」「sebab」使い分け文脈場面によって異なります。一般的には、「karena」日常会話カジュアル場面で使われ、「sebab」フォーマル場面書き言葉で使われます。また、「karena」接続詞として使われることが多く、「sebab」名詞として使われることが多いです。

使い分けの例文

同じ意味を持つでも、「karena」「sebab」使い方によってニュアンスが異なることがあります。例えば:

1. Dia tidak datang karena hujan.
(彼/彼女はために来ませんでした。) – カジュアル表現

2. Dia tidak datang sebab hujan.
(彼/彼女はために来ませんでした。) – フォーマル表現

このように、使い分けによって雰囲気が変わることがあります。

まとめ

「karena」「sebab」はどちらも理由原因表すための単語ですが、使い方ニュアンスに違いがあります。「karena」日常会話カジュアル場面でよく使われ、「sebab」フォーマル場面書き言葉で使われることが多いです。また、「karena」接続詞として使われることが多く、「sebab」名詞として使われることが多いです。この違いを理解して、適切場面使い分けることが大切です。

インドネシア語の学習において、「karena」「sebab」の違いを理解することは非常に重要です。どちらも頻繁に使われる単語であり、正確使い方身につけることで、表現が広がります。ぜひ、この記事を参考にして、実際会話文章使い分け練習してみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。