どの言語を学びたいですか?

Jauh vs. Dekat – マレー語で「遠い」と「近い」

マレー語を学ぶ際に、基本的な単語フレーズを理解することは非常に重要です。その中でも、距離を表す言葉は日常生活で頻繁に使われるため、しっかり覚えておくと便利です。この記事では、マレー語で「遠い」を意味するjauhと、「近い」を意味するdekatについて詳しく説明します。それぞれの使い方例文、さらに関連するフレーズも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「遠い」を表すjauh

Jauhはマレー語で「遠い」を意味します。以下に、jauhの使い方について詳しく見ていきましょう。

基本的な使い方

Jauhは、物理的な距離や時間的な距離を表す際に使います。例えば、次のようなで使用します。

1. Tempat itu sangat jauh dari sini. (その場所はここから非常に遠いです。)
2. Kami harus berjalan jauh untuk sampai ke sana. (私たちはそこに到着するために遠くまで歩かなければなりません。)

時間的な距離を表す場合

Jauhはまた、時間的な距離を表す際にも使われます。以下の例文を見てみましょう。

1. Hari libur masih jauh. (休みの日はまだ遠いです。)
2. Perjalanan ini akan memakan waktu yang jauh lebih lama. (この旅行はもっと長い時間がかかります。)

比喩的な使い方

さらに、jauhは比喩的に使われることもあります。例えば、次のような表現です。

1. Impian saya masih jauh dari kenyataan. (私の夢は現実からまだ遠いです。)
2. Mereka memiliki pandangan yang jauh berbeda. (彼らは非常に異なる見解を持っています。)

「近い」を表すdekat

次に、マレー語で「近い」を意味するdekatについて説明します。Dekatも物理的な距離や時間的な距離を表す際に使います。

基本的な使い方

Dekatは、物理的な距離が短いことを示します。以下の例文をご覧ください。

1. Rumah saya dekat dengan sekolah. (私の家は学校の近くにあります。)
2. Toko itu dekat dari sini. (その店はここから近いです。)

時間的な距離を表す場合

Dekatはまた、時間的な距離を表す際にも使われます。以下の例文を見てみましょう。

1. Ulang tahun saya sudah dekat. (私の誕生日はもうすぐです。)
2. Pertemuan kita sudah dekat. (私たちの会議はもうすぐです。)

比喩的な使い方

さらに、dekatは比喩的に使われることもあります。例えば、次のような表現です。

1. Kami sangat dekat satu sama lain. (私たちはお互いに非常に親しいです。)
2. Pandangan mereka cukup dekat. (彼らの見解はかなり近いです。)

まとめと練習問題

この記事では、マレー語で「遠い」を意味するjauhと「近い」を意味するdekatについて学びました。これらの単語は、物理的な距離だけでなく、時間や比喩的な距離を表す際にも使われます。

以下に、これまで学んだ内容を復習するための練習問題をいくつか用意しました。各問題の文中に適切な単語を入れてください。

1. Rumah sakit itu sangat ______ dari rumah saya. (その病院は私の家から非常に遠いです。)
2. Liburan musim panas sudah ______. (夏休みはもうすぐです。)
3. Kami harus berjalan ______ untuk mencapai tujuan. (私たちは目的地に到達するために遠くまで歩かなければなりません。)
4. Toko buku itu ______ dengan kampus. (その書店はキャンパスの近くにあります。)

これらの練習問題を解くことで、jauhdekatの使い方に慣れることができます。ぜひ、日常生活の中でも積極的に使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。