どの言語を学びたいですか?

Jalan vs. Jalan – マレー語で徒歩と道路

マレー語を学ぶ際に、同じスペルの単語が異なる意味を持つことに気づくことがあります。その一例が「jalan」という単語です。「jalan」は、文脈によって異なる意味を持つことがあり、学習者にとって混乱を招くことがあります。この記事では、「jalan」の異なる用法について詳しく説明し、それぞれの意味を理解するためのヒントを提供します。

「jalan」の基本的な意味

まず、「jalan」という単語の基本的な意味を理解することが重要です。「jalan」はマレー語で「道」「道路」を意味します。これは、物理的な道路のことを指す場合に使用されます。例えば:

「Jalan Raya」「幹線道路」を意味します。
「Jalan Kecil」「小道」を意味します。

このように、「jalan」は場所やの種類を指す際に使われます。

例文

「Saya berjalan di jalan besar.」(私は大きな道路を歩いています。)
「Ada banyak mobil di jalan ini.」(この道路にはたくさんの車があります。)

動詞としての「jalan」

次に、「jalan」は動詞としても使用されることがあります。この場合、「jalan」「歩く」「進む」という意味を持ちます。文脈によっては、移動手段や進行状況を示す場合にも使用されます。

例文

「Saya suka jalan-jalan di taman.」(私は公園で散歩するのが好きです。)
「Anak-anak sedang jalan ke sekolah.」(子供たちは学校へ歩いています。)

語尾の変化

「jalan」は、さまざまな接尾辞を加えることで異なる意味を持つことがあります。例えば:

「berjalan」: 「歩く」または「進む」という意味。
「perjalanan」: 「旅」または「旅行」という意味。
「penjalan」: 「歩行者」という意味。

これらの変化は、「jalan」の基本的な意味を拡張し、さまざまな文脈での使用を可能にします。

例文

「Kami akan melakukan perjalanan ke Bali.」(私たちはバリへの旅行を計画しています。)
「Penjalan kaki harus berhati-hati di jalan raya.」歩行者は幹線道路で注意する必要があります。)

日常会話での使用

「jalan」は日常会話でも頻繁に使用される単語です。特に、何かをするための方法や手段を示す場合に使われることがあります。例えば:

「Bagaimana cara jalan keluar dari sini?」(ここから出る方法はどうすればいいですか?)
「Dia sedang mencari jalan untuk menyelesaikan masalah.」(彼は問題を解決する方法を探しています。)

このように、「jalan」は具体的な物理的なだけでなく、抽象的な方法手段を示す場合にも使用されます。

まとめ

マレー語の「jalan」という単語は、一見シンプルに見えますが、その用法は多岐にわたります。基本的な意味としての「道路」「道」、動詞としての「歩く」「進む」、さらには方法手段を示す場合など、文脈によって異なる意味を持ちます。この単語のさまざまな用法を理解することで、マレー語の理解が深まり、日常会話でも自信を持って使えるようになるでしょう。

言語学習は継続的なプロセスです。「jalan」のような単語の多義性を理解することで、より豊かな表現力を身につけることができます。これからも積極的に学び、自分の言語能力を高めていきましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。