どの言語を学びたいですか?

Doći vs. Otići – クロアチア語の到着と出発

クロアチア語を学ぶ際、特に動詞の使い方には注意が必要です。今回は、クロアチア語の到着出発を表す動詞、doćiotićiについて詳しく説明します。これらの動詞は一見似ているように見えますが、使用する場面や意味が異なるため、正しく使い分けることが重要です。

doći の使い方と意味

doći到着を意味する動詞で、日本語の「来る」に相当します。この動詞は、誰かがある場所に到着することを表す際に使用されます。

例文:
1. On će doći sutra.(彼は明日来るでしょう。)
2. Kada ćeš doći?(いつ来るの?)

doći は完了体動詞であり、ある時点での到着を強調します。動詞の活用形も覚えておくと便利です。

活用形:
– ja dođem(私は来る
– ti dođeš(君は来る
– on/ona/ono dođe(彼/彼女/それは来る
– mi dođemo(私たちは来る
– vi dođete(あなたたちは来る
– oni/one/ona dođu(彼ら/彼女ら/それらは来る

過去形と未来形

doći の過去形は「došao」または「došla」です。これは性別によって変わります。

例文:
1. On je došao jučer.(彼は昨日来た。)
2. Ona je došla ranije.(彼女は早く来た。)

未来形は「doći će」または「će doći」です。

例文:
1. On će doći sutra.(彼は明日来るでしょう。)
2. Mi ćemo doći kasnije.(私たちは後で来るでしょう。)

otići の使い方と意味

一方、otići出発を意味する動詞で、日本語の「去る」に相当します。この動詞は、誰かがある場所から出発することを表す際に使用されます。

例文:
1. On će otići sutra.(彼は明日去るでしょう。)
2. Kada ćeš otići?(いつ去るの?)

otići も完了体動詞であり、ある時点での出発を強調します。動詞の活用形も覚えておきましょう。

活用形:
– ja odem(私は去る
– ti odeš(君は去る
– on/ona/ono ode(彼/彼女/それは去る
– mi odemo(私たちは去る
– vi odete(あなたたちは去る
– oni/one/ona odu(彼ら/彼女ら/それらは去る

過去形と未来形

otići の過去形は「otišao」または「otišla」です。これも性別によって変わります。

例文:
1. On je otišao jučer.(彼は昨日去った。)
2. Ona je otišla ranije.(彼女は早く去った。)

未来形は「otići će」または「će otići」です。

例文:
1. On će otići sutra.(彼は明日去るでしょう。)
2. Mi ćemo otići kasnije.(私たちは後で去るでしょう。)

doćiotići の使い分け

doćiotići の使い分けは、話者がどの視点から話しているかによって異なります。doći は話者や聞き手の場所に到着することを意味し、一方、otići は話者や聞き手の場所から出発することを意味します。

例文:
1. Ja ću doći kod tebe.(私はあなたのところに行く。)
2. Ja ću otići odavde.(私はここから去る。)

このように、doći は目的地に到着することを強調し、otići は出発点から去ることを強調します。

日常会話での使い方

日常会話では、これらの動詞は頻繁に使用されます。以下に、具体的な会話例を示します。

例1:
A: Kada ćeš doći?(いつ来るの?)
B: Doći ću sutra.(明日来るよ。)

例2:
A: Zašto moraš otići?(なぜ去るの?)
B: Moram otići zbog posla.(仕事のために去らなければならないんだ。)

まとめ

doćiotići はクロアチア語でそれぞれ到着出発を意味する重要な動詞です。これらの動詞を正しく使い分けることで、より自然なクロアチア語の会話が可能になります。動詞の活用形や使い方を覚えて、実際の会話で積極的に使ってみましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。