どの言語を学びたいですか?

C2 レベルのトルコ語で知っておくべき 50 の必須単語

トルコ語の学習を進めていく上で、C2レベルに到達することは大きな目標です。このレベルでは、日常会話やビジネスシーンだけでなく、文学や学術的な内容も自由に理解し、表現できる能力が求められます。この記事では、C2レベルのトルコ語学習者が知っておくべき50の必須単語を紹介します。これらの単語をマスターすることで、さらに豊かな表現力を身につけることができるでしょう。

1. Abide (アバイデ)

この単語は「遵守する」という意味で、法的な文脈や規則について話すときに使われます。

2. Berrak (ベッラク)

「澄んだ、明晰な」という意味で、特に水や空の状態を表すときに使われます。比喩的には、考えや意識がクリアであることを示すこともあります。

3. Cömert (ジョメルト)

「寛大な」という意味で、人の性格や行動について話すときに使われます。

4. Değerli (デエルリ)

「貴重な」という意味で、物や人、時間などが持つ価値を評価するときに使われます。

5. Edebi (エデビ)

「文学的な」という意味で、特に文学作品やそのスタイルを表現する際に使用します。

6. Fenomen (フェノメン)

「現象」という意味で、特に社会的な現象や自然現象について話すときに使われます。

7. Güvenilir (グヴェニル)

「信頼できる」という意味で、人や物、システムについての信頼性を評価するときに使われます。

8. Haysiyet (ハイシエット)

「尊厳」という意味で、人の尊厳や価値について話すときに使われます。

9. İhtiyat (イフティヤット)

「用心、慎重」という意味で、特にリスク管理や注意を促す際に使われます。

10. Jenerasyon (ジェネラシオン)

「世代」という意味で、特に年代や世代間の違いについて話すときに使われます。

11. Kararlı (カラルリ)

「決心した」という意味で、意志の強さや決断力を示すときに使われます。

12. Lüks (リュクス)

「豪華な、贅沢な」という意味で、特に生活の質や高価な物について話すときに使われます。

13. Merhamet (メルハメト)

「慈悲」という意味で、他人に対する思いやりや優しさを表現するときに使われます。

14. Nazik (ナジク)

「優雅な、礼儀正しい」という意味で、人の態度や行動について話すときに使われます。

15. Olgun (オルグン)

「成熟した」という意味で、人の性格や果物の状態について話すときに使われます。

16. Pürüzsüz (プルズスズ)

「滑らかな」という意味で、特に表面の状態や肌の状態について話すときに使われます。

17. Rafine (ラフィネ)

「洗練された」という意味で、特に文化や味覚、スタイルについて話すときに使われます。

18. Sevecen (セヴェジェン)

「親しみやすい」という意味で、人の性格や態度について話すときに使われます。

19. Tayin (タイィン)

「任命、配置」という意味で、特に仕事や役職について話すときに使われます。

20. Uzlaşma (ウズラシュマ)

「妥協、合意」という意味で、特に交渉や議論の結果について話すときに使われます。

21. Vicdan (ヴィジュダン)

「良心」という意味で、人の道徳や倫理観について話すときに使われます。

22. Yetenek (イエテネク)

「才能」という意味で、人の能力や特技について話すときに使われます。

23. Zarif (ザリフ)

「優雅な」という意味で、特に人の動作や物のデザインについて話すときに使われます。

24. Akılcı (アクルジュ)

「合理的な」という意味で、特に論理的な思考や行動について話すときに使われます。

25. Bilge (ビルゲ)

「賢者」という意味で、人の知識や経験について話すときに使われます。

26. Cesur (ジェスル)

「勇敢な」という意味で、人の勇気や大胆さについて話すときに使われます。

27. Direnç (ディレンチ)

「抵抗」という意味で、特に物理的な力や精神的な強さについて話すときに使われます。

28. Etkileyici (エトキレイジ)

「印象的な」という意味で、人や物、出来事の影響力について話すときに使われます。

29. Farkındalık (ファルクンダルク)

「意識、認識」という意味で、特に社会的な問題や自己認識について話すときに使われます。

30. Girişim (ギリシム)

「起業、試み」という意味で、特にビジネスや新しいプロジェクトについて話すときに使われます。

31. Huzur (フズル)

「平和、安らぎ」という意味で、特に心の状態や環境について話すときに使われます。

32. İlham (イルハム)

「インスピレーション」という意味で、特に創造的な活動やアイデアについて話すときに使われます。

33. Jest (ジェスト)

「ジェスチャー」という意味で、人の動作や態度について話すときに使われます。

34. Kalıcı (カルジュ)

「永続的な」という意味で、特に物や感情の持続性について話すときに使われます。

35. Liyakat (リヤカット)

「適格性」という意味で、人の能力や適性について話すときに使われます。

36. Mükemmeliyet (ミュケメリエット)

「完璧主義」という意味で、特に仕事や学問に対する態度について話すときに使われます。

37. Nazikçe (ナジクチェ)

「優雅に、礼儀正しく」という意味で、人の行動や態度について話すときに使われます。

38. Özveri (オズヴェリ)

「献身」という意味で、特に他人への思いやりや犠牲について話すときに使われます。

39. Prestij (プレスティジュ)

「威信」という意味で、特に社会的地位や評価について話すときに使われます。

40. Rasyonel (ラシオネル)

「合理的な」という意味で、特に論理的な思考や行動について話すときに使われます。

41. Sabır (サブール)

「忍耐」という意味で、特に困難な状況に対する態度や行動について話すときに使われます。

42. Teşvik (テシュヴィク)

「奨励」という意味で、人の行動や成績を促進するための行動について話すときに使われます。

43. Üstün (ウストゥン)

「卓越した」という意味で、特に能力や成果について話すときに使われます。

44. Vizyon (ヴィズヨン)

「ビジョン」という意味で、特に未来の計画や目標について話すときに使われます。

45. Yaratıcı (ヤラトゥジュ)

「創造的な」という意味で、特に芸術やビジネスにおけるアイデアについて話すときに使われます。

46. Zenginlik (ゼンギンリク)

「豊かさ」という意味で、特に物質的な財産や精神的な豊かさについて話すときに使われます。

47. Adaptasyon (アダプタシオン)

「適応」という意味で、特に新しい環境や状況に対する対応について話すときに使われます。

48. Bağış (バウシュ)

「寄付」という意味で、特に慈善活動や社会貢献について話すときに使われます。

49. Çözüm (チョズム)

「解決」という意味で、特に問題や課題に対する対策について話すときに使われます。

50. Deneyim (デネイム)

「経験」という意味で、特に人生や仕事における学びについて話すときに使われます。

これらの単語を覚えることで、トルコ語の表現力が一層豊かになり、より高度なコミュニケーションが可能になります。学習を進める中で、これらの単語を積極的に使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。