どの言語を学びたいですか?

C2 レベルのスウェーデン語で知っておくべき 50 の必須単語

スウェーデン語の学習を進めてC2レベルに到達した皆さん、おめでとうございます!C2レベルは、言語の完全な理解と流暢な使用を示すものであり、日常会話から専門的なディスカッションまで幅広い場面で対応できることを意味します。しかし、C2レベルに到達するためには、さらに多くの語彙を習得する必要があります。今回は、C2レベルのスウェーデン語学習者が知っておくべき50の必須単語を紹介します。

1. Abstrakt

この単語は「抽象的な」という意味です。例えば、”Det var en mycket abstrakt idé”(それは非常に抽象的なアイデアだった)というように使います。

2. Beundra

「賞賛する」という意味です。例えば、”Jag beundrar hennes talang”(私は彼女の才能を賞賛しています)。

3. Komplex

「複雑な」という意味です。例:”Det var en komplex situation”(それは複雑な状況だった)。

4. Differens

「違い、差異」という意味です。例:”Vad är differensen mellan dessa två?”(これら二つの違いは何ですか?)。

5. Egenskap

「特性、性質」という意味です。例:”En av hans bästa egenskaper är hans tålamod”(彼の最も良い特性の一つは忍耐力だ)。

6. Förtroende

「信頼」という意味です。例:”Han har mitt fulla förtroende“(彼は私の完全な信頼を得ている)。

7. Genuin

「本物の、誠実な」という意味です。例:”Hon är en genuin person”(彼女は本物の人だ)。

8. Hypotes

「仮説」という意味です。例:”Vi måste testa vår hypotes“(仮説を検証しなければならない)。

9. Intuition

「直感」という意味です。例:”Min intuition säger mig att något är fel”(私の直感は何かが間違っていると言っている)。

10. Jämförelse

「比較」という意味です。例:”En jämförelse mellan dessa två metoder”(これら二つの方法の比較)。

11. Kompromiss

「妥協」という意味です。例:”Vi måste hitta en kompromiss“(妥協点を見つけなければならない)。

12. Logisk

「論理的な」という意味です。例:”Det är en logisk slutsats”(それは論理的な結論だ)。

13. Mångsidig

「多才な」という意味です。例:”Hon är mycket mångsidig“(彼女は非常に多才だ)。

14. Nyans

「微妙な違い」という意味です。例:”Det finns många nyanser i hans argument”(彼の議論には多くの微妙な違いがある)。

15. Objektiv

「客観的な」という意味です。例:”Vi behöver en objektiv bedömning”(客観的な評価が必要だ)。

16. Paradox

「逆説」という意味です。例:”Det är en paradox att ju mer vi lär oss, desto mindre vet vi”(学べば学ぶほど知らないことが増えるというのは逆説だ)。

17. Perspektiv

「視点」という意味です。例:”Vi måste se på problemet ur olika perspektiv“(問題を様々な視点から見る必要がある)。

18. Reflektera

「反映する、熟考する」という意味です。例:”Jag behöver tid att reflektera över detta”(これについて熟考する時間が必要だ)。

19. Subjektiv

「主観的な」という意味です。例:”Det är en mycket subjektiv åsikt”(それは非常に主観的な意見だ)。

20. Teoretisk

「理論的な」という意味です。例:”Det är en teoretisk möjlighet”(それは理論的な可能性だ)。

21. Underförstått

「暗黙の」という意味です。例:”Det var underförstått att vi skulle dela på kostnaderna”(費用を分担することは暗黙の了解だった)。

22. Vision

「ビジョン、展望」という意味です。例:”Han har en klar vision för företagets framtid”(彼は会社の未来について明確なビジョンを持っている)。

23. Yttrande

「発言」という意味です。例:”Hans yttrande orsakade en del kontroverser”(彼の発言は一部の論争を引き起こした)。

24. Zonal

「地域的な」という意味です。例:”Det finns zonala skillnader i klimatet”(気候には地域的な違いがある)。

25. Ärlig

「正直な」という意味です。例:”Hon är alltid ärlig“(彼女はいつも正直だ)。

26. Övertygande

「説得力のある」という意味です。例:”Han gav ett mycket övertygande argument”(彼は非常に説得力のある議論を展開した)。

27. Avancerad

「高度な」という意味です。例:”Det här är en mycket avancerad teknik”(これは非常に高度な技術だ)。

28. Betydelsefull

「重要な」という意味です。例:”Det var en betydelsefull händelse i hans liv”(それは彼の人生における重要な出来事だった)。

29. Citat

「引用」という意味です。例:”Han började sitt tal med ett känt citat“(彼は有名な引用でスピーチを始めた)。

30. Dynamisk

「動的な」という意味です。例:”Hon är en mycket dynamisk ledare”(彼女は非常に動的なリーダーだ)。

31. Eko

「反響、エコー」という意味です。例:”Hans ord fick ett starkt eko i samhället”(彼の言葉は社会に強い反響を呼んだ)。

32. Fördelaktig

「有利な」という意味です。例:”Det är en mycket fördelaktig affär”(それは非常に有利な取引だ)。

33. Grundläggande

「基本的な」という意味です。例:”Det är en grundläggande princip”(それは基本的な原則だ)。

34. Harmoni

「調和」という意味です。例:”Vi måste sträva efter harmoni i vårt arbete”(我々は仕事において調和を求めなければならない)。

35. Intellektuell

「知的な」という意味です。例:”Han är en mycket intellektuell person”(彼は非常に知的な人物だ)。

36. Kapacitet

「能力、容量」という意味です。例:”Han har en enorm kapacitet för arbete”(彼は非常に大きな仕事の能力を持っている)。

37. Logik

「論理」という意味です。例:”Vi måste använda logik i vår analys”(分析に論理を用いなければならない)。

38. Målsättning

「目標設定」という意味です。例:”Vi behöver en klar målsättning för projektet”(プロジェクトのために明確な目標設定が必要だ)。

39. Nyfiken

「好奇心旺盛な」という意味です。例:”Hon är mycket nyfiken på världen”(彼女は世界に対して非常に好奇心旺盛だ)。

40. Objektivitet

「客観性」という意味です。例:”Vi måste bevara vår objektivitet“(客観性を保たなければならない)。

41. Parallell

「並行の」という意味です。例:”De två projekten löper parallellt“(二つのプロジェクトは並行して進行している)。

42. Reflektion

「反映、反射、熟考」という意味です。例:”En reflektion över dagens händelser”(今日の出来事についての熟考)。

43. Strukturell

「構造的な」という意味です。例:”Det finns strukturella problem i organisationen”(組織には構造的な問題がある)。

44. Teori

「理論」という意味です。例:”En ny teori om universums uppkomst”(宇宙の起源についての新しい理論)。

45. Uppfattning

「認識、理解」という意味です。例:”Hans uppfattning av situationen var felaktig”(彼の状況の認識は間違っていた)。

46. Visionär

「先見の明がある」という意味です。例:”Hon är en visionär ledare”(彼女は先見の明があるリーダーだ)。

47. Ytterligare

「追加の」という意味です。例:”Vi behöver ytterligare resurser för projektet”(プロジェクトのために追加のリソースが必要だ)。

48. Zest

「熱意」という意味です。例:”Han arbetar med stor zest“(彼は非常に熱意を持って働いている)。

49. Ändamål

「目的」という意味です。例:”Vad är ändamålet med denna studie?”(この研究の目的は何ですか?)。

50. Översikt

「概要」という意味です。例:”En snabb översikt av projektets status”(プロジェクトの現状の簡単な概要)。

これらの単語は、より高度なスウェーデン語の理解と使用に役立つでしょう。それぞれの単語の意味と使用例をしっかりと覚えて、実際の会話や文章で使ってみてください。スウェーデン語のさらなるマスタリーを目指して頑張ってください!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。