どの言語を学びたいですか?

C2レベルのネパール人が知っておくべき50の必須単語

日本語を学ぶネパール人の皆さん、C2レベルを目指しているあなたにとって、語彙力の強化は非常に重要です。C2レベルは、日本語の運用能力が非常に高いことを示しており、ビジネスや学術的な場面でも流暢にコミュニケーションを取ることが期待されます。この記事では、C2レベルのネパール人が知っておくべき50の必須単語を紹介します。これらの単語をマスターすることで、さらに高度な日本語の運用能力を身につけることができるでしょう。

1. 営業 (えいぎょう)

「営業」は、ビジネスの場面で非常によく使われる単語です。商品の販売やサービスの提供を指します。例えば、「この会社は営業が上手い」と言います。

2. 経済 (けいざい)

「経済」は、社会の中でお金や物がどのように動いているかを指します。ニュースやビジネスの会話でよく使われます。

3. 政治 (せいじ)

「政治」は、国や地域の統治や政策に関することです。新聞やテレビのニュースで頻繁に登場します。

4. 環境 (かんきょう)

「環境」は、自然や社会の周りの状況を指します。環境問題に関する議論でよく使われます。

5. 文化 (ぶんか)

「文化」は、人々の生活様式や価値観、伝統などを指します。異文化交流の場で重要な単語です。

6. 技術 (ぎじゅつ)

「技術」は、科学や工学の知識を応用して物を作る方法や技術を指します。

7. 資源 (しげん)

「資源」は、自然界に存在する物質やエネルギーのことです。例えば、「石油は重要な資源です」。

8. 医療 (いりょう)

「医療」は、病気やけがを治すための科学や技術を指します。医療制度や医療費に関する話題で使われます。

9. 教育 (きょういく)

「教育」は、知識や技術を教えることです。学校や家庭での教育について話す時に重要な単語です。

10. 労働 (ろうどう)

「労働」は、仕事や働くことを指します。労働条件や労働者の権利について話す時に使われます。

11. 統計 (とうけい)

「統計」は、データを集めて分析することです。経済や社会の動向を理解するために重要です。

12. 法律 (ほうりつ)

「法律」は、社会のルールや規則を指します。法律の知識は、ビジネスや日常生活で役立ちます。

13. 研究 (けんきゅう)

「研究」は、あるテーマについて深く調べることです。学問や技術の発展に不可欠です。

14. 開発 (かいはつ)

「開発」は、新しいものを作り出すことです。技術開発や地域開発など、さまざまな分野で使われます。

15. 貿易 (ぼうえき)

「貿易」は、国と国との間で物を売買することです。国際ビジネスの場で重要な単語です。

16. 伝統 (でんとう)

「伝統」は、長い歴史を持つ文化や習慣を指します。例えば、「日本の伝統文化を学ぶ」。

17. 規模 (きぼ)

「規模」は、大きさや範囲を指します。例えば、「大規模なプロジェクト」。

18. 影響 (えいきょう)

「影響」は、あるものが他のものに及ぼす作用を指します。例えば、「環境に悪影響を与える」。

19. 目標 (もくひょう)

「目標」は、達成したいことや目的を指します。例えば、「目標を設定する」。

20. 需要 (じゅよう)

「需要」は、商品やサービスを欲しいと思うことを指します。経済の基本概念の一つです。

21. 供給 (きょうきゅう)

「供給」は、商品やサービスを提供することです。需要と供給のバランスは経済の基本です。

22. 資本 (しほん)

「資本」は、ビジネスを始めるための元手やお金を指します。例えば、「資本を集める」。

23. 投資 (とうし)

「投資」は、利益を得るためにお金を使うことです。株式投資や不動産投資が一般的です。

24. 競争 (きょうそう)

「競争」は、他者と争って勝とうとすることを指します。ビジネスやスポーツで使われます。

25. 契約 (けいやく)

「契約」は、正式な合意を意味します。ビジネスの取引や雇用契約で重要です。

26. 交渉 (こうしょう)

「交渉」は、相手と話し合って合意に達することを指します。ビジネスや国際関係で重要です。

27. 管理 (かんり)

「管理」は、物事をうまく進めるための調整や監督を指します。例えば、「プロジェクト管理」。

28. 財務 (ざいむ)

「財務」は、企業や個人の財産やお金の管理を指します。財務報告書や財務分析が含まれます。

29. 会計 (かいけい)

「会計」は、お金の出入りを記録し管理することです。企業の会計システムは非常に重要です。

30. 予算 (よさん)

「予算」は、ある期間にどれだけのお金を使うかの計画を指します。政府や企業の予算計画が含まれます。

31. 方針 (ほうしん)

「方針」は、ある目的を達成するための基本的な考えや計画を指します。企業や政府の方針が含まれます。

32. 施策 (しさく)

「施策」は、ある目的を達成するための具体的な行動や計画を指します。政府の施策が含まれます。

33. 進捗 (しんちょく)

「進捗」は、物事がどれだけ進んでいるかを指します。例えば、「プロジェクトの進捗状況」。

34. 評価 (ひょうか)

「評価」は、物事の価値や成果を判断することを指します。パフォーマンス評価や顧客評価が含まれます。

35. 実績 (じっせき)

「実績」は、過去に達成した成果や業績を指します。企業や個人の実績が含まれます。

36. 分析 (ぶんせき)

「分析」は、データや情報を詳しく調べて理解することを指します。市場分析やデータ分析が含まれます。

37. 競争力 (きょうそうりょく)

「競争力」は、他者に対して優位に立つ能力を指します。企業の競争力向上が含まれます。

38. 生産性 (せいさんせい)

「生産性」は、一定の時間や資源でどれだけの成果を上げられるかを指します。例えば、「生産性の向上」。

39. 効率 (こうりつ)

「効率」は、無駄なく効果的に物事を進めることを指します。業務効率化やエネルギー効率が含まれます。

40. 創造性 (そうぞうせい)

「創造性」は、新しいアイデアや方法を生み出す能力を指します。例えば、「創造性を発揮する」。

41. イノベーション

「イノベーション」は、新しい技術や方法を導入して進歩をもたらすことを指します。

42. サステナビリティ

「サステナビリティ」は、持続可能性を意味し、環境や社会に負担をかけずに発展を続けることを指します。

43. グローバル化 (グローバルか)

「グローバル化」は、世界中で物事がつながり、一体化することを指します。経済のグローバル化が含まれます。

44. ダイバーシティ

「ダイバーシティ」は、多様性を意味し、さまざまな背景や価値観を持つ人々が共存することを指します。

45. インクルージョン

「インクルージョン」は、すべての人を受け入れて共に進むことを指します。企業や社会でのインクルージョン推進が含まれます。

46. リーダーシップ

「リーダーシップ」は、他者を導いて目標を達成する能力を指します。例えば、「リーダーシップを発揮する」。

47. チームワーク

「チームワーク」は、チーム全体で協力して目標を達成することを指します。例えば、「チームワークが重要です」。

48. コミュニケーション

「コミュニケーション」は、情報や意見を交換することを指します。効果的なコミュニケーションが成功の鍵です。

49. モチベーション

「モチベーション」は、行動を起こすための意欲や動機を指します。例えば、「モチベーションを高める」。

50. サポート

「サポート」は、助けや支援を指します。例えば、「チームメンバーのサポートが重要です」。

これらの単語を覚えて、実際の会話や文章で使いこなせるようになることで、C2レベルの日本語運用能力が一層向上するでしょう。日本語の学習を続ける中で、これらの単語を意識して使うようにしてみてください。頑張ってください!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。