どの言語を学びたいですか?

C1レベルの日本人が知っておくべき50の必須単語

日本語の学習において、C1レベルに達すると、日常会話だけでなく、仕事や学術的な場面でも自信を持って使える語彙力が求められます。今回は、C1レベルの日本語学習者が知っておくべき50の必須単語を紹介します。このリストをマスターすることで、さらに豊かな表現力を身につけることができます。

1. 概念 (がいねん)

概念とは、物事の基本的な考え方やイメージを指します。抽象的な議論や学問の場で頻繁に使われます。

2. 影響 (えいきょう)

他の物事や人に対して及ぼす作用のことを指します。ビジネスや政治、環境問題など、さまざまな分野で使われます。

3. 権利 (けんり)

法律や社会的な規範に基づいて、個人や団体が持つ正当な利益や利益を追求する資格のことを指します。

4. 勤務 (きんむ)

特定の場所や時間に働くこと。職場での労働や勤務時間に関する話題で使用されます。

5. 期待 (きたい)

未来の出来事や状況に対して抱く希望や予想のことです。ポジティブな文脈で使われることが多いです。

6. 課題 (かだい)

解決すべき問題や取り組むべきテーマのこと。学校や職場でのプロジェクトや研究の際に頻繁に登場します。

7. 規模 (きぼ)

物事の大きさや範囲を示します。特にビジネスやプロジェクトのスケールを表すときに使われます。

8. 経済 (けいざい)

物やサービスの生産、分配、消費に関連する活動のこと。ニュースや学術論文で頻出する単語です。

9. 規則 (きそく)

社会や組織内で守るべき決まりごと。学校や職場、スポーツのルールなど、さまざまな場面で使われます。

10. 可能性 (かのうせい)

何かが起こる可能性や能力のことを指します。未来の予測や計画を立てる際に重要な単語です。

11. 調査 (ちょうさ)

特定のテーマや問題に関する情報を集めること。学術研究やマーケティングリサーチで使用されます。

12. 主張 (しゅちょう)

自分の意見や立場を強く述べること。ディベートや議論の場で重要な単語です。

13. 制度 (せいど)

社会や組織内でのルールや仕組みのこと。法律や教育、医療などの分野で使用されます。

14. 提案 (ていあん)

新しいアイデアや計画を他人に示すこと。会議やプロジェクトの進行において重要です。

15. 直接 (ちょくせつ)

間に他のものを挟まずに行うこと。直接的なコミュニケーションや行動を示します。

16. 比較 (ひかく)

二つ以上のものを比べること。違いを明確にするために使用されます。

17. 文化 (ぶんか)

人々が共有する習慣や価値観、芸術など。異文化理解や国際交流の際に重要な単語です。

18. 法律 (ほうりつ)

社会のルールや規範を定めたもの。法的な問題や権利の話題で使用されます。

19. 役割 (やくわり)

個人やグループが果たすべき役目や責任。チームや組織内での役割分担に関連します。

20. 理由 (りゆう)

何かが起こる原因や動機。説明や説得の際に重要な要素です。

21. 責任 (せきにん)

自分の行動やその結果に対して負うべき義務。職場や家庭での役割に関連します。

22. 方法 (ほうほう)

何かを行うための手段や手順。問題解決や計画の立案において重要です。

23. 目標 (もくひょう)

達成したい具体的な目的。個人や組織の成長において不可欠な要素です。

24. 問題 (もんだい)

解決すべき課題や障害。問題解決能力はC1レベルの重要なスキルです。

25. 分析 (ぶんせき)

物事を細かく分けて、その構造や意味を理解すること。学術研究やビジネスで頻繁に使われます。

26. 結果 (けっか)

ある行動や出来事の後に生じるもの。成果や影響を評価する際に使用されます。

27. 資源 (しげん)

自然や人間が利用できる物やエネルギー。環境問題や経済活動で重要な単語です。

28. 成果 (せいか)

努力や行動の結果として得られる良い結果。仕事や学業での成功を示します。

29. 対策 (たいさく)

問題に対処するための計画や行動。危機管理や予防策に関連します。

30. 構造 (こうぞう)

物事の組織や仕組み。建築やシステムの設計で重要な概念です。

31. 技術 (ぎじゅつ)

専門的な知識やスキル。科学や工学、医療などの分野で使われます。

32. 確認 (かくにん)

事実や情報を確かめること。作業の進捗や正確性を確認する際に重要です。

33. 実現 (じつげん)

計画や夢を現実にすること。プロジェクトの成功や目標達成に関連します。

34. 開発 (かいはつ)

新しいものを作り出すこと。技術や製品の開発プロセスで頻繁に使われます。

35. 影響力 (えいきょうりょく)

他人や物事に対して及ぼす力。リーダーシップやマーケティングで重要な概念です。

36. 統計 (とうけい)

データを収集し、分析すること。科学研究やビジネス戦略の基盤となります。

37. 組織 (そしき)

人々が集まり、共通の目的を持って活動する集団。企業や団体において重要な要素です。

38. 選択 (せんたく)

複数の選択肢から一つを選ぶこと。意思決定や計画の立案に関連します。

39. 条件 (じょうけん)

特定の状況や要件。契約や取引の際に重要な要素です。

40. 発展 (はってん)

物事が進歩し、成長すること。技術や経済の進展を示す際に使用されます。

41. 意識 (いしき)

物事を認識し、理解する能力。自己認識や他者理解に関連します。

42. 影響を与える (えいきょうをあたえる)

他人や物事に対して影響を及ぼすこと。リーダーシップや教育で重要なフレーズです。

43. 課題を解決する (かだいをかいけつする)

問題や課題に対処し、解決すること。ビジネスやプロジェクト管理で重要です。

44. 機会 (きかい)

何かを行うためのチャンスや条件。成長や発展のために重要な要素です。

45. 規制 (きせい)

特定の行動や活動を制限するルール。法律や社会の秩序を保つために重要です。

46. 資金 (しきん)

事業や活動を行うための財源。ビジネスやプロジェクトの成功に不可欠です。

47. 計画 (けいかく)

目標を達成するための具体的な手順やスケジュール。プロジェクト管理や日常生活で重要です。

48. 貢献 (こうけん)

他人や社会に対して役立つこと。コミュニティや職場での貢献度を示します。

49. 競争 (きょうそう)

他人と競い合うこと。ビジネスやスポーツの場で使用されます。

50. 成長 (せいちょう)

物事が発展し、進歩すること。個人や組織の進化や発展を示します。

これらの単語を積極的に使いこなすことで、C1レベルの日本語力を一層強化することができます。日常生活や仕事、学問の場で活用し、さらなる語彙力の向上を目指しましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。