どの言語を学びたいですか?

B2レベルで知っておくべきウルドゥー語の50の必須単語

ウルドゥー語は、南アジアで広く話されている言語であり、特にパキスタンの公用語の一つとして重要です。B2レベルの学習者にとって、日常会話やビジネスシーンで役立つ語彙を身につけることは非常に重要です。本記事では、B2レベルで知っておくべきウルドゥー語の50の必須単語を紹介します。これらの単語を覚えることで、ウルドゥー語の理解力と表現力が飛躍的に向上するでしょう。

1. سلام (Salaam) – こんにちは

最も基本的な挨拶の一つです。友人や家族、ビジネスパートナーと会ったときに使います。

2. خدا حافظ (Khuda Hafiz) – さようなら

別れの挨拶として使われます。宗教的な背景があり、「神の守護を」という意味も含まれています。

3. شکریہ (Shukriya) – ありがとう

感謝の意を表す際に使います。覚えておくと非常に便利です。

4. جی ہاں (Ji Haan) – はい

肯定の返事として使います。丁寧な表現です。

5. جی نہیں (Ji Nahi) – いいえ

否定の返事として使います。これも丁寧な表現です。

6. برائے مہربانی (Baraye Meherbani) – お願いします

何かを依頼する際に使います。丁寧な依頼の表現です。

7. معاف کیجیے (Maaf Kijiye) – すみません

謝罪や何かをお願いする際に使います。非常に礼儀正しい表現です。

8. آپ کیسے ہیں؟ (Aap Kaise Hain?) – お元気ですか?

相手の健康状態を尋ねる際に使います。男女問わず使えます。

9. میرا نام … ہے (Mera Naam … Hai) – 私の名前は…です

自己紹介の際に使います。自分の名前を伝える基本的な表現です。

10. کہاں (Kahan) – どこ

場所を尋ねる際に使います。「~はどこですか?」という質問によく使います。

11. کیوں (Kyon) – なぜ

理由を尋ねる際に使います。「なぜ~ですか?」という質問に用います。

12. کب (Kab) – いつ

時間を尋ねる際に使います。「いつ~ですか?」という質問に使います。

13. کیا (Kya) – 何

物や事柄を尋ねる際に使います。「何ですか?」という質問に使用します。

14. کون (Kaun) – 誰

人を尋ねる際に使います。「誰ですか?」という質問に使います。

15. کیسے (Kaise) – どうやって

方法や手段を尋ねる際に使います。「どうやって~ですか?」という質問に用います。

16. بہت (Bohat) – 非常に

強調の意味で使います。「非常に~です」という表現に便利です。

17. تھوڑا (Thoda) – 少し

少量や少しの意味で使います。数量を表す際に便利です。

18. بڑا (Bara) – 大きい

サイズや規模を表す際に使います。「大きい~」という表現に使います。

19. چھوٹا (Chhota) – 小さい

サイズや規模を表す際に使います。「小さい~」という表現に使います。

20. اچھا (Achha) – 良い

評価や感想を表す際に使います。「良い~」という表現に使います。

21. برا (Bura) – 悪い

評価や感想を表す際に使います。「悪い~」という表現に使います。

22. ٹھیک ہے (Theek Hai) – 大丈夫です

同意や了承を表す際に使います。「大丈夫です」という返事に便利です。

23. پانی (Pani) – 水

飲み物を指す際に使います。「水をください」という表現に使います。

24. کھانا (Khana) – 食べ物

食事を指す際に使います。「食べ物は~」という表現に使います。

25. چائے (Chai) – お茶

飲み物を指す際に使います。特にインドとパキスタンでは非常に一般的です。

26. دودھ (Doodh) – 牛乳

飲み物を指す際に使います。「牛乳をください」という表現に使います。

27. مارکیٹ (Market) – 市場

場所を指す際に使います。「市場へ行きたいです」という表現に使います。

28. دوائی (Dawai) – 薬

医療品を指す際に使います。「薬が必要です」という表現に使います。

29. ڈاکٹر (Doctor) – 医者

職業を指す際に使います。「医者に行きたいです」という表現に使います。

30. بیمار (Beemar) – 病気

健康状態を指す際に使います。「病気です」という表現に使います。

31. سکول (School) – 学校

場所を指す際に使います。「学校へ行きます」という表現に使います。

32. استاد (Ustaad) – 先生

職業を指す際に使います。「先生に質問があります」という表現に使います。

33. شاگرد (Shagird) – 生徒

職業や立場を指す際に使います。「生徒です」という表現に使います。

34. کتاب (Kitaab) – 本

物を指す際に使います。「本を読みたいです」という表現に使います。

35. اخبار (Akhbaar) – 新聞

物を指す際に使います。「新聞を読みます」という表現に使います。

36. قلم (Qalam) – ペン

物を指す際に使います。「ペンを貸してください」という表現に使います。

37. کاغذ (Kaaghaz) – 紙

物を指す際に使います。「紙が必要です」という表現に使います。

38. گاڑی (Gaari) – 車

交通手段を指す際に使います。「車を運転します」という表現に使います。

39. بس (Bus) – バス

交通手段を指す際に使います。「バスに乗ります」という表現に使います。

40. ٹرین (Train) – 電車

交通手段を指す際に使います。「電車に乗ります」という表現に使います。

41. ہوائی جہاز (Hawaai Jahaaz) – 飛行機

交通手段を指す際に使います。「飛行機に乗ります」という表現に使います。

42. سڑک (Sadak) – 道路

場所を指す際に使います。「道路を渡ります」という表現に使います。

43. پل (Pul) – 橋

場所を指す際に使います。「橋を渡ります」という表現に使います。

44. پارک (Park) – 公園

場所を指す際に使います。「公園へ行きます」という表現に使います。

45. مسجد (Masjid) – モスク

宗教施設を指す際に使います。「モスクへ行きます」という表現に使います。

46. چرچ (Church) – 教会

宗教施設を指す際に使います。「教会へ行きます」という表現に使います。

47. مندر (Mandir) – 寺院

宗教施設を指す際に使います。「寺院へ行きます」という表現に使います。

48. دکان (Dukaan) – 店

場所を指す際に使います。「店で買い物をします」という表現に使います。

49. قیمت (Qeemat) – 価格

物の価格を尋ねる際に使います。「価格はいくらですか?」という表現に使います。

50. پیسے (Paise) – お金

通貨や金銭を指す際に使います。「お金が必要です」という表現に使います。

ウルドゥー語のこれらの基本的な単語を覚えることで、日常会話やビジネスシーンでのコミュニケーションがスムーズになります。特に強調したい「سلام (Salaam)」「خدا حافظ (Khuda Hafiz)」のような挨拶の言葉は、相手との関係を良好に保つためにも非常に重要です。これらの単語を積極的に使って、ウルドゥー語のスキルを向上させましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。