どの言語を学びたいですか?

知っておくべき英語のZ世代のスラング用語トップ10

英語は常に進化し続けており、特に若者の間では新しいスラング用語が次々と生まれています。Z世代(1990年代半ばから2010年代初頭に生まれた世代)の間で使われるスラングは、SNSやインターネット文化の影響を強く受けており、日常会話やオンラインコミュニケーションで頻繁に耳にすることがあります。この記事では、知っておくべき英語のZ世代のスラング用語トップ10を紹介します。このスラングを理解することで、英語のコミュニケーションが一段と楽しく、スムーズになるでしょう。

1. Lit

Lit」は、非常に興奮するような出来事や、素晴らしい物事を表すときに使われるスラングです。「Awesome」や「Amazing」に似た意味を持ちます。例えば、友達と一緒に楽しいパーティーに行ったとき、「That party was lit!(あのパーティーは最高だった!)」と言うことができます。

2. Flex

Flex」は、自分の持っているものや達成したことを見せびらかすことを意味します。特にSNS上で自慢する行為を指すことが多いです。例えば、高級車を持っている人がその写真を投稿した場合、「He is just flexing his new car(彼は新しい車を自慢しているだけだ)」と言います。

3. Ghost

Ghost」は、突然連絡を断つことを指します。特にデートや友人関係で、相手が理由もなく連絡を取らなくなる場合に使われます。例えば、「She ghosted me after our first date(初デートの後、彼女は突然連絡を断った)」と言います。

4. Salty

Salty」は、怒っている、または不機嫌であることを意味します。特に些細なことで怒っている場合に使われます。例えば、ゲームで負けた友達が機嫌が悪いとき、「He is so salty about losing the game(彼はゲームに負けてすごく不機嫌だ)」と言います。

5. Woke

Woke」は、社会問題や不正に対する意識が高いことを意味します。特に人種差別やジェンダー問題に敏感であることを指します。例えば、「She is very woke about social justice issues(彼女は社会正義の問題に対して非常に意識が高い)」と言います。

6. FOMO

FOMO」は「Fear Of Missing Out」の略で、何かを逃すことへの恐怖を意味します。特にSNSで他人の楽しそうな投稿を見て、自分だけが取り残されていると感じることを指します。例えば、「I didn’t go to the party and now I have major FOMO(パーティーに行かなかったから、すごく置いてけぼり感がある)」と言います。

7. Thirsty

Thirsty」は、誰かの注意や好意を強く求めていることを意味します。特に恋愛やSNSでの注目を求める行動を指します。例えば、「He keeps liking all her posts, he is so thirsty(彼は彼女の投稿に全部いいねをしていて、すごく必死だ)」と言います。

8. Shook

Shook」は、何かに非常に驚いたり、動揺したりすることを意味します。例えば、「I was completely shook by the news(そのニュースに完全に驚かされた)」と言います。

9. Stan

Stan」は、特定の有名人やアーティストの熱狂的なファンを意味します。この言葉は、エミネムの曲「Stan」から来ており、極端なまでにファンであることを指します。例えば、「I stan BTS(私はBTSの熱狂的なファンだ)」と言います。

10. Tea

Tea」は、ゴシップや秘密の情報を意味します。友達同士で誰かの秘密を共有する際に使われます。例えば、「Do you have any tea on what happened at the party?(パーティーで何があったか、ゴシップある?)」と言います。

まとめ

以上が、知っておくべき英語のZ世代のスラング用語トップ10です。これらのスラングを使いこなすことで、英語のコミュニケーションが一層楽しくなり、若者たちとの会話もスムーズになるでしょう。スラングは時折変わるものですが、この記事を参考に最新のスラングを学び、英語のスキルを向上させてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。