どの言語を学びたいですか?

知っておくべき中国のZ世代のスラング用語トップ10

中国のZ世代、つまり1990年代後半から2010年代初頭に生まれた若者たちは、独自の文化やトレンドを持っています。彼らは特にSNSやオンラインコミュニケーションを通じて、独自のスラングを発展させてきました。これらのスラング用語を理解することは、現代中国の若者文化を深く理解するために非常に重要です。この記事では、知っておくべき中国のZ世代のスラング用語トップ10をご紹介します。

1. 内卷 (nèi juǎn)

内卷とは、過度な競争や過労によって自分自身を消耗させることを意味します。例えば、仕事や学業で競争が激化する中で、他人よりも一歩先に行こうと過剰に努力する様子を指します。この言葉は、特に社会的プレッシャーやストレスを感じている若者たちの間でよく使われます。

2. 摸鱼 (mō yú)

摸鱼は文字通り「魚を触る」という意味ですが、実際には「サボる」や「ダラダラする」という意味です。仕事や学業中にSNSを見たり、動画を見たりして時間をつぶす行為を指します。例えば、”我在摸鱼”(私はサボっている)という形で使われます。

3. 996

996は、朝9時から夜9時まで、週6日働くという過酷な労働時間を指します。これは特に中国の技術企業において一般的で、多くの若者がこの労働環境に不満を抱いています。この言葉は、労働条件の厳しさを強調するためによく使われます。

4. 甩锅 (shuǎi guō)

甩锅は直訳すると「鍋を振る」という意味ですが、実際には「責任を転嫁する」という意味です。例えば、仕事でミスをした際にその責任を他人に押し付ける行為を指します。この言葉は、特に職場やチームでのコミュニケーションにおいて頻繁に使用されます。

5. 佛系 (fó xì)

佛系は「仏教系」という意味で、特に物事に執着せず、リラックスした態度を示す若者たちを指します。例えば、”我很佛系”(私はとてもリラックスしている)という形で使われます。この言葉は、競争社会に疲れた若者たちの間で人気があります。

6. 硬核 (yìng hé)

硬核は「ハードコア」という意味で、非常に厳しい、または困難な状況を指します。例えば、”这个考试很硬核”(この試験は非常に難しい)という形で使われます。また、非常に真剣に何かに取り組む人を指す場合もあります。

7. 社恐 (shè kǒng)

社恐は「社会恐怖症」の略で、社交的な場面での緊張や不安を感じることを意味します。例えば、パーティーや大勢の人が集まる場所で不安を感じる若者たちがこの言葉を使います。”我有社恐”(私は社交恐怖症だ)という形で使われます。

8. 吃瓜 (chī guā)

吃瓜は文字通り「スイカを食べる」という意味ですが、実際には「傍観者として面白がる」という意味です。特にSNSやニュースで他人のスキャンダルやゴシップを楽しむ行為を指します。例えば、”我在吃瓜”(私は傍観している)という形で使われます。

9. 打卡 (dǎ kǎ)

打卡は「打刻」という意味で、特にSNSでのチェックインを指します。例えば、旅行先やレストランで写真を撮ってSNSに投稿する行為を指します。”我要打卡”(私はチェックインしたい)という形で使われます。

10. 躺平 (tǎng píng)

躺平は「横になる」という意味で、競争やストレスから解放されてリラックスすることを意味します。特に過労や競争に疲れた若者たちがこの言葉を使います。”我选择躺平”(私は横になることを選ぶ)という形で使われます。

まとめ

以上、知っておくべき中国のZ世代のスラング用語トップ10をご紹介しました。これらの言葉を理解することで、現代中国の若者文化に対する理解が深まるでしょう。中国語を学ぶ際には、こうしたスラングも積極的に取り入れて、より自然なコミュニケーションを目指しましょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。