どの言語を学びたいですか?

知っておくべきラトビアのZ世代のスラング用語トップ10

ラトビアの若者、特にZ世代は独自のスラングを使っており、その言葉は日常会話の中で頻繁に登場します。これらのスラングを知っておくことで、ラトビアの文化や若者のコミュニケーションスタイルをより深く理解することができるでしょう。この記事では、知っておくべきラトビアのZ世代のスラング用語トップ10を紹介します。

1. Čau

「Čau」はラトビア語で「こんにちは」や「さようなら」を意味する一般的な挨拶の一つです。特に若者の間では、友達同士のカジュアルな挨拶として頻繁に使われます。

2. Bļāviens

この言葉は「叫ぶ」や「怒鳴る」という意味ですが、スラングとしては驚きや感情を表現するために使われます。例えば、「Bļāviens, tu esi nopietns?(本当に?)」のように使われます。

3. Čoms

「Čoms」は「友達」や「仲間」を意味するスラングです。英語の「buddy」や「pal」に相当します。友達同士で使うと親しみを感じさせます。

4. Kruta

「Kruta」は「かっこいい」や「すごい」を意味します。何かが素晴らしいと思ったときに使われることが多いです。例えば、「Tavs jaunais telefons ir tik kruts!(君の新しいスマホ、めっちゃかっこいいね!)」という風に使います。

5. Nafig

「Nafig」は「なぜ」や「どうして」を強調するために使われるスラングです。少しカジュアルで砕けた表現なので、友達との会話で使うのが一般的です。

6. Uzmest

「Uzmest」は「裏切る」や「騙す」という意味のスラングです。友達や知り合いに対して使われることが多く、信頼関係が壊れたときに使います。

7. Džeks

「Džeks」は「男の子」や「青年」を指すスラングです。英語の「guy」や「dude」に相当し、友達や知り合いをカジュアルに呼ぶときに使われます。

8. Zbis

「Zbis」は「完璧」や「素晴らしい」を意味します。物事がうまくいったときや、何かが期待以上だったときに使われます。例えば、「Tas vakars bija zbis!(あの夜は最高だった!)」のように使います。

9. Čillaks

「Čillaks」は「リラックスする」や「落ち着く」を意味するスラングです。英語の「chill」から派生したもので、友達とゆったり過ごすときに使われます。

10. Dirsa

この言葉は「お尻」や「馬鹿」を意味しますが、スラングとしては「困った状況」や「大変なこと」を表現するために使われます。例えば、「Esmu dirsā(私は困っている)」という風に使います。

まとめ

ラトビアのZ世代が使うスラングは、その文化や価値観を反映しています。これらのスラングを覚えることで、現地の若者とのコミュニケーションがスムーズになり、より深い理解を得ることができるでしょう。言葉の意味だけでなく、どのような場面で使われるのかも意識しながら学ぶことが大切です。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。