どの言語を学びたいですか?

知っておくべきマレーのミレニアル世代の用語トップ 10

マレー語を学ぶ中で、特に若者が使うスラングや新しい表現を理解することは非常に重要です。ミレニアル世代、つまり1980年代から2000年代初頭に生まれた世代は、インターネットやソーシャルメディアの影響を強く受けています。このため、彼らの言語表現も独特で、時には従来の辞書には載っていないような言葉が使われます。この記事では、マレーのミレニアル世代がよく使う用語トップ10を紹介します。これらの言葉を知っておけば、マレー語の会話がよりスムーズに進むことでしょう。

1. Mamak (ママク)

Mamakは、マレーシアにおいて非常にポピュラーな言葉です。これはインド系マレーシア人が経営する24時間営業のカフェのことを指します。ミレニアル世代にとって、友達と集まったり、夜遅くまで話したりする場所として利用されます。例えば、「Mamakに行って、teh tarik(テ・タリ)を飲もう!」という風に使われます。

2. Tapau (タパウ)

Tapauは「持ち帰る」という意味の言葉です。食べ物や飲み物をレストランやカフェから持ち帰る際に使われます。例えば、「この料理をtapauしてもいいですか?」という風に使います。日本語で言う「テイクアウト」と同じ意味です。

3. Lepak (レパッ)

Lepakは「リラックスする」や「だらだらする」という意味です。友達と一緒に何も特別なことをせずに過ごす時間を指します。例えば、「今日の午後、友達とlepakする予定だ」という風に使います。

4. Syok (ショック)

Syokは「とても楽しい」や「気持ちいい」という意味です。何かが非常に良いと感じた時に使われます。例えば、「この映画、めっちゃsyokだ!」という風に使います。

5. Yamcha (ヤムチャ)

Yamchaは広東語から来た言葉で、元々は「お茶を飲む」という意味ですが、マレーシアでは「友達と一緒にカフェやレストランでお茶や軽食を楽しむ」という意味で使われます。例えば、「週末にyamchaしよう!」という風に使います。

6. GG (ジージー)

GGは英語の「Good Game」の略で、オンラインゲームの世界から広がった言葉です。ゲームが終わった時に「お疲れ様」という意味で使われますが、日常会話でも「終わった」「ダメだった」という意味で使われることがあります。例えば、「テストは完全にGGだ」という風に使います。

7. Syiok Sendiri (ショック・センドリ)

Syiok Sendiriは「自己満足」という意味です。自分だけが満足している状態や、他人があまり関心を持たないことに対して自分だけが興奮している状況を指します。例えば、「彼のプレゼン、syiok sendiriだったね」という風に使います。

8. FFK (エフエフケー)

FFKは「Fong Fei Kei」の略で、広東語から来た言葉です。約束を破る、ドタキャンするという意味です。例えば、「彼、またFFKしたよ」という風に使います。

9. Abuden (アブデン)

Abudenは英語の「Ah, but then」の縮約形で、相手が明らかに答えが分かっている質問をした時に「もちろん」という意味で使われます。例えば、「今日もまた遅刻したの?」と聞かれた時に「Abuden!」という風に答えます。

10. Atas (アタス)

Atasはマレー語で「上」を意味しますが、ミレニアル世代の間では「上品な」や「高級な」という意味で使われます。例えば、「あのレストラン、すごくatasだね」という風に使います。

まとめ

マレーのミレニアル世代がよく使うこれらの用語を覚えることで、現地の若者とのコミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。言語は文化を反映するものであり、特にスラングや新しい表現はその時代の文化や社会状況を反映しています。これらの言葉を日常会話で使ってみると、さらにマレー語の理解が深まることでしょう。ぜひ、実際に使ってみて、その効果を体験してみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。