どの言語を学びたいですか?

知っておくべきマラーティー語 Z 世代のスラング用語トップ 10

マラーティー語はインドのマハラシュトラ州を中心に話されている言語で、約8千万人の母語話者がいます。近年、特にZ世代(1990年代半ばから2000年代初頭に生まれた世代)の間で、新しいスラング用語が出現し、若者文化の一部となっています。この記事では、知っておくべきマラーティー語のZ世代のスラング用語トップ10を紹介します。

1. जाम (Jaam)

「ジャム」は「非常に」や「とても」という意味で使われます。例えば、「今日はジャム楽しかった!」という風に使います。日常会話でよく使われ、特に感情を強調したいときに便利です。

2. फंडा (Fanda)

この言葉は「コンセプト」や「アイデア」という意味です。例えば、「そのプロジェクトのファンダは何?」という風に使います。若者の間で新しいアイデアや考え方について話すときによく使われます。

3. झकास (Jhakas)

「ジャカス」は「素晴らしい」や「クール」という意味です。何かがとても良いと感じたときに使われます。例えば、「その映画はジャカスだった!」という風に使います。

4. पकाऊ (Pakau)

この言葉は「退屈な」や「つまらない」という意味です。例えば、「その授業は本当にパカウだった」という風に使います。何かが面白くないと感じたときに使われます。

5. तुफान (Tufaan)

「トゥファン」は「素晴らしい」や「すごい」という意味で、特に何かが非常に印象的なときに使われます。例えば、「そのコンサートはトゥファンだった!」という風に使います。

6. झोल (Jhol)

この言葉は「問題」や「トラブル」という意味です。例えば、「その計画にはいくつかのジョールがある」という風に使います。何かがうまくいかないときや問題が発生したときに使われます。

7. मस्त (Mast)

「マスト」は「素晴らしい」や「楽しい」という意味で、ポジティブな経験や出来事について話すときに使われます。例えば、「そのパーティーはマストだった!」という風に使います。

8. बकवास (Bakwas)

この言葉は「無駄な」や「くだらない」という意味です。例えば、「その話はバクワスだ」という風に使います。何かが全く価値がないと感じたときに使われます。

9. फालतू (Faltu)

「ファルトゥ」は「無駄な」や「余計な」という意味です。例えば、「そのアドバイスはファルトゥだ」という風に使います。何かが不必要だと感じたときに使われます。

10. चिल्ल (Chill)

この言葉は「リラックスする」や「落ち着く」という意味です。例えば、「ちょっとチルしよう」という風に使います。ストレスを感じているときやリラックスしたいときに使われます。

まとめ

これらのスラング用語は、マラーティー語の若者文化を理解する上で非常に役立ちます。日常会話に取り入れることで、現地の若者とのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。是非、これらの言葉を使ってみてください!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。