どの言語を学びたいですか?

知っておくべきポーランドのミレニアル世代の用語トップ 10

ポーランド語を学んでいる皆さん、こんにちは!今日は、ポーランドのミレニアル世代が日常生活でよく使う用語を紹介します。これらの言葉を知っておくと、現地の若者との会話がぐっと楽しくなることでしょう。ポーランドのミレニアル世代は新しい文化やテクノロジーに敏感で、独自の言葉を作り出しています。以下のトップ10の用語を見てみましょう。

1. YOLO

この言葉は英語の「You Only Live Once」の略で、日本語では「人生は一度きり」と訳されます。ポーランドの若者もこのフレーズを使って、リスクを取ることや新しいことに挑戦することを表現します。「YOLOだからやってみよう!」という感じで使われます。

2. Insta

「Insta」はInstagramの略称です。ポーランドのミレニアル世代は日常的にInstagramを利用しており、写真を投稿したりストーリーをシェアしたりすることが多いです。「Instaに新しい写真をアップしたよ」といった形で使われます。

3. Fejm

英語の「fame(名声)」がポーランド語風に変化した言葉です。ポーランドの若者は、インフルエンサーや有名人、またはSNSで多くのフォロワーを持つ人々を指して「Fejm」と呼びます。「彼はすごいFejmだね」という感じです。

4. Propsy

「Propsy」は英語の「props(称賛、リスペクト)」がポーランド語風にアレンジされた言葉です。何か良いことをした人に対して、リスペクトを示すために使われます。「君の頑張りにPropsy!」といった具合です。

5. Chillować

これは英語の「chill(リラックスする)」がポーランド語風に変化した動詞です。友達と一緒にリラックスしたり、何もしないで過ごすことを意味します。「今日の午後はChillowaćしよう」といった形で使われます。

6. Cringe

英語の「cringe(恥ずかしい、気まずい)」がそのままポーランド語に取り入れられた言葉です。何か恥ずかしいことや気まずいことを見たり聞いたりしたときに使われます。「あのシーンはCringeだったね」といった具合です。

7. Hajs

「Hajs」は「金」を意味するスラングです。若者の間でお金の話をするときによく使われます。「もっとHajsが欲しいな」といった形で使われます。

8. Zajebisty

非常にカジュアルな言葉で、「すごい」「最高」という意味です。ポジティブな感情を強調するために使われます。「この映画はZajebistyだよ」という感じです。

9. Janusz

「Janusz」は、ポーランドのステレオタイプなおじさんを指すスラングです。ちょっと古臭くて、時代遅れの考え方を持っている人をからかうときに使われます。「彼、まるでJanuszみたいだね」という具合です。

10. Kombinować

この動詞は「工夫する」「何とかする」という意味です。難しい状況をなんとか切り抜けるために知恵を絞ることを表現します。「どうやってこの問題をKombinowaćしようか?」といった形で使われます。

まとめ

以上がポーランドのミレニアル世代がよく使うトップ10の用語です。これらの言葉を覚えておくと、ポーランドの若者との会話がスムーズになり、彼らの文化により深く触れることができます。ポーランド語の学習がさらに楽しくなることでしょう。これからも新しい言葉や表現を学び続けて、言語の壁を越えて多くの人とコミュニケーションを楽しんでください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。