どの言語を学びたいですか?

知っておくべきベラルーシのZ世代のスラング用語トップ10

ベラルーシは東ヨーロッパに位置する国で、豊かな文化と歴史を持っています。特にZ世代の若者たちは、独自のスラングを使ってコミュニケーションを楽しんでいます。この記事では、ベラルーシのZ世代がよく使うスラング用語トップ10を紹介し、その意味や使い方を詳しく説明します。これらのスラングを知っておくと、ベラルーシの若者文化に一歩近づくことができます。

1. Кайф (Kaif)

「Кайф(カイフ)」は楽しみや快楽を意味するスラングです。日本語で言う「最高!」や「めっちゃ楽しい!」に近いニュアンスです。例えば、楽しいイベントや活動について話す時に使われます。

例文:
– 昨日のコンサートは本当にカイフだった!
– 週末の旅行が楽しみすぎてカイフが止まらない。

2. Туса (Tusa)

「Туса(トゥサ)」はパーティーや集まりを意味します。友達同士で集まって楽しむ場面でよく使われます。

例文:
– 今日は友達と家でトゥサをする予定だよ。
– 昨夜のトゥサは本当に最高だった!

3. Хайп (Hype)

「Хайп(ハイプ)」は期待や興奮を意味します。新しい映画やゲームに対する期待感を表現する時に使われます。

例文:
– 新しい映画に対するハイプがすごいね。
– あのゲームのリリースに向けてハイプが高まってる。

4. Зашквар (Zashkvar)

「Зашквар(ザシュクヴァル)」は恥ずかしいやダサいという意味です。何かが失敗したり、期待外れだった時に使われます。

例文:
– あの服装はちょっとザシュクヴァルだね。
– 試験で0点を取ったなんて本当にザシュクヴァルだ。

5. Лайкать (Laikat’)

「Лайкать(ライカット)」は「いいね」をすることを意味します。ソーシャルメディアでの「いいね」ボタンを押す行為を指します。

例文:
– この写真をライカットしてくれたら嬉しいな。
– 彼の投稿を毎回ライカットしてるよ。

6. Чилл (Chill)

「Чилл(チル)」はリラックスすることや、落ち着いて楽しむことを意味します。日本語で言う「まったり」と同じ感じです。

例文:
– 今日は家でチルするつもりだ。
– 週末は友達と公園でチルしたよ。

7. Хейтить (Heitit’)

「Хейтить(ヘイティット)」は「嫌う」や「批判する」という意味です。特にインターネット上での批判やネガティブなコメントを指します。

例文:
– 彼はいつも他人の投稿をヘイティットしてる。
– あの映画についてヘイティットする人が多いね。

8. Краш (Krash)

「Краш(クラシュ)」は片思いの相手や憧れの人を意味します。日本語で言う「好きな人」や「気になる人」に相当します。

例文:
– 彼女は私のクラシュだ。
– 最近、彼にクラシュしちゃった。

9. Зумить (Zumit’)

「Зумить(ズーミット)」はオンライン会議アプリ「Zoom」を使うことを意味します。特にリモートワークやオンライン授業でよく使われます。

例文:
– 今日の会議はズーミットで行うよ。
– 昨日は友達とズーミットで話した。

10. Бомбить (Bombit’)

「Бомбить(ボンビット)」は怒るや興奮するという意味です。何かに対して強い感情を抱いた時に使われます。

例文:
– あのニュースを見て本当にボンビットした。
– 彼はゲームで負けてボンビットしてた。

これらのスラングを覚えることで、ベラルーシのZ世代とより自然なコミュニケーションを取ることができるでしょう。スラングはその国や世代の文化や価値観を反映していますので、学ぶことでその文化に対する理解も深まります。次回ベラルーシに行った時や、ベラルーシの友達と話す時にぜひ使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。