どの言語を学びたいですか?

知っておくべきベトナムのミレニアル世代の用語トップ 10

ベトナムのミレニアル世代、つまり1980年代から2000年代初頭に生まれた若者たちは、独自の文化と言語を持っています。日本と同様に、彼らはテクノロジーの進化とともに成長し、インターネットやSNSを駆使してコミュニケーションを取ることが一般的です。この記事では、ベトナムのミレニアル世代がよく使う10の用語を紹介します。これらの用語を知っておくと、彼らとのコミュニケーションがスムーズになるだけでなく、ベトナムの若者文化をより深く理解することができます。

1. Gen Z (世代Z)

ベトナムのミレニアル世代は、自分たちを「Gen Z」と呼ぶことがあります。これは1995年から2010年に生まれた世代を指し、日本で言うところの「ゆとり世代」に近い感覚です。この世代は、デジタルネイティブであり、インターネットやスマートフォンが生活の一部となっています。

2. Crush (クラッシュ)

「Crush」は英語から借用された言葉で、「憧れの人」や「好きな人」を意味します。SNSで誰かに「クラッシュ」していると投稿することがよく見られます。例えば、「Tôi có một crush mới」(新しいクラッシュができた)というように使います。

3. Thả thính (ターティン)

「Thả thính」は直訳すると「撒き餌」という意味ですが、現代のベトナム語では「ナンパ」や「アプローチ」を指します。誰かに興味を示す行動や言葉を指し、「Anh ấy đang thả thính」(彼がナンパしている)といった形で使用されます。

4. Thánh (タン)

「Thánh」は「聖人」を意味しますが、若者の間では「達人」や「エキスパート」という意味で使われます。例えば、ゲームが上手な人を「Thánh game」(ゲームの達人)と呼ぶことがあります。

5. Cày (カイ)

「Cày」は「耕す」という意味ですが、若者の間では「一生懸命に取り組む」ことを指します。試験勉強や仕事に集中する際に使われ、「Tôi đang cày bài」(勉強に集中している)といった形で使います。

6. Sống ảo (ソンアオ)

「Sống ảo」は「仮想生活」という意味で、SNSでの生活を指します。フィルターを使った写真や、現実とは異なる自分を見せる行為を指し、「Cô ấy sống ảo quá」(彼女はSNSでの生活が派手すぎる)といった形で使います。

7. Tự sướng (トゥースン)

「Tự sướng」は「自撮り」を意味します。SNSで自分の写真を投稿することが一般的で、「Chụp ảnh tự sướng」(自撮り写真を撮る)というように使います。

8. Đỉnh (ディン)

「Đỉnh」は「頂点」や「最高」を意味しますが、若者の間では「すごい」や「素晴らしい」という意味で使われます。例えば、「Bộ phim này đỉnh quá」(この映画はすごく良い)といった形で使います。

9. Bựa (ブア)

「Bựa」は「下品」や「不適切」を意味しますが、若者の間では「面白い」や「ユーモラス」という意味で使われることもあります。例えば、「Anh ấy nói chuyện bựa lắm」(彼の話はとても面白い)といった形で使います。

10. Cú đêm (クーデム)

「Cú đêm」は直訳すると「夜のフクロウ」で、夜更かしをする人を指します。深夜まで起きていることが多い人を指し、「Tôi là cú đêm」(私は夜更かしするタイプだ)といった形で使います。

まとめ

ベトナムのミレニアル世代が使うこれらの用語を覚えておくと、彼らとのコミュニケーションがスムーズになるだけでなく、ベトナムの若者文化をより深く理解することができます。これらの言葉はSNSや日常会話で頻繁に使われるため、ベトナム語を学ぶ際にはぜひ覚えておきたいものです。新しい言葉を学ぶことで、異文化理解が深まり、より豊かなコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。