どの言語を学びたいですか?

知っておくべきフィンランドの Z 世代スラング用語トップ 10

フィンランド語を学ぶ際に、文法や一般的な語彙だけでなく、現地の若者たちが使うスラングにも触れてみることは非常に重要です。特にZ世代のスラングは、フィンランドの若者文化を理解するためのキーとなります。以下では、フィンランドのZ世代によく使われるスラング用語トップ10をご紹介します。これらの用語を知っておけば、若者との会話もスムーズに進むことでしょう。

1. Söpö

「Söpö(ソポ)」は「かわいい」という意味で、日本語の「かわいい」と同じように広く使われます。フィンランドの若者たちは、友達やペット、さらにはお気に入りのアイテムについて話すときによくこの言葉を使います。

例文:
– Tuo koira on niin söpö! (あの犬は本当にかわいい!)

2. Läppä

「Läppä(ラッパ)」は「冗談」や「ジョーク」を意味します。友人同士の軽い会話の中でよく使われ、特に面白い話や冗談を言うときに使われます。

例文:
– Se oli vain läppä, älä ota sitä vakavasti. (それはただの冗談だよ、真剣に受け取らないで。)

3. Hengailla

「Hengailla(ヘンガイラ)」は「ぶらぶらする」や「たむろする」という意味で、英語の「hang out」に相当します。友達と一緒に過ごすことを指します。

例文:
– Mennäänkö tänään hengailemaan kaupungille? (今日、街にぶらぶらしに行かない?)

4. Siisti

「Siisti(シースティ)」は「クール」や「かっこいい」という意味で、何かが特に良いと感じたときに使います。

例文:
– Tämä uusi puhelin on todella siisti. (この新しい電話は本当にかっこいい。)

5. Tsägä

「Tsägä(ツァガ)」は「運」や「幸運」を意味します。何か良いことが偶然に起こったときによく使われます。

例文:
– Sain viimeisen lipun konserttiin, mikä tsägä! (コンサートの最後のチケットを手に入れた、なんて運がいいんだ!)

6. Kaveri

「Kaveri(カヴェリ)」は「友達」や「仲間」を意味します。フィンランドの若者たちは親しい友人を指すときによく使います。

例文:
– Hän on minun paras kaveri. (彼は私の一番の友達です。)

7. Fiksu

「Fiksu(フィクス)」は「賢い」や「頭がいい」という意味で、知識や知恵があることを表します。

例文:
– Hän on todella fiksu opiskelija. (彼は本当に賢い学生です。)

8. Hyvä fiilis

「Hyvä fiilis(ヒュヴァ フィーリス)」は「良い気分」や「良い雰囲気」を意味します。何かが楽しいと感じたときや、ポジティブなエネルギーを感じたときに使います。

例文:
– Konsertissa oli todella hyvä fiilis. (コンサートは本当に良い雰囲気でした。)

9. Puhua puuta heinää

「Puhua puuta heinää(プフア プータ ヘイナ)」は「たわいもない話をする」や「無駄話をする」という意味で、特に内容のない会話を指します。

例文:
– Me vain puhutaan puuta heinää koko ajan. (私たちはいつもたわいもない話をしている。)

10. Kännykkä

「Kännykkä(キャンニューカ)」は「携帯電話」を意味します。スマートフォンが普及している現代でも、フィンランドの若者たちはこの古い表現を使うことが多いです。

例文:
– Lähetä minulle viesti kännykällä. (携帯でメッセージを送って。)

まとめ

以上、フィンランドのZ世代がよく使うスラング用語トップ10をご紹介しました。これらの言葉を覚えておくことで、フィンランドの若者とのコミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。スラングはその国の文化や若者の考え方を反映する重要な要素ですので、これらの用語を使いこなせるようになると、フィンランド語の理解が一段と深まります。ぜひ、日常会話の中で積極的に使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。