どの言語を学びたいですか?

知っておくべきタガログ語Z世代のスラング用語トップ10

タガログ語はフィリピンの公用語の一つであり、その文化や生活の中で非常に重要な役割を果たしています。特にZ世代(1990年代後半から2010年代初頭に生まれた世代)の間では、独自のスラングが発展し、それが日常会話やSNSで頻繁に使われています。この記事では、フィリピンのZ世代がよく使うタガログ語のスラング用語トップ10を紹介します。

1. Charot

Charotは「冗談だよ」という意味のスラングです。友達同士の軽い会話でよく使われ、何か冗談を言った後に使います。たとえば、「君は本当に変わっているね… charot!」のように使います。

2. Lodi

Lodiは「アイドル」の逆さ読みで、「尊敬する人」や「憧れの人」を指します。たとえば、有名なアーティストやスポーツ選手に対して「彼は私のlodiだ」と言います。

3. Petmalu

Petmaluは「すごい」や「超クール」という意味で使われます。実は「malupit」という言葉を逆さにしたものです。たとえば、「彼のダンスは本当にpetmaluだ」と言います。

4. Werpa

Werpaは「パワー」という意味のスラングで、友達を応援する時に使います。たとえば、「試験がんばってね!werpa!」と言います。

5. Jowa

Jowaは「恋人」を意味するスラングです。彼氏や彼女を指すときに使います。たとえば、「彼女は私のjowaだ」と言います。

6. Bes

Besは「ベストフレンド」の略で、親しい友達に対して使います。たとえば、「どうしたの、bes?」と聞くことができます。

7. Walwal

Walwalは「飲み過ぎる」や「パーティーで羽目を外す」という意味です。たとえば、「昨日の夜は本当にwalwalだった」と言います。

8. Edi wow

Edi wowは皮肉を込めた「すごいね」という意味です。何か驚くようなことを言われたときに使います。たとえば、「君は本当に賢いね。edi wow!」と言います。

9. Keri

Keriは「できる」や「問題ない」という意味です。何か困難なことに直面したときに「keri lang!」と言って、自分を励ますことができます。

10. G

Gは「行こう」や「準備OK」という意味のスラングです。何かを始める前に「G na!」と言います。

まとめ

これらのスラングはフィリピンのZ世代の間で非常にポピュラーであり、日常会話やSNSで頻繁に使われています。これらの言葉を知っておくと、タガログ語を話す若者とより親しくコミュニケーションを取ることができるでしょう。タガログ語のスラングを学ぶことで、その文化に一歩近づくことができますので、ぜひ挑戦してみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。