どの言語を学びたいですか?

知っておくべきスロバキアのミレニアル世代の用語トップ 10

スロバキアのミレニアル世代(1980年代から1990年代に生まれた世代)は、独自の文化と用語を持っています。これらの用語は、スロバキア語を学ぶ際に知っておくと便利です。特に若い世代とのコミュニケーションを円滑に進めるためには、これらの言葉を理解しておくことが重要です。以下に、スロバキアのミレニアル世代が頻繁に使用する用語トップ10を紹介します。

1. Slay

これは、英語の「slay」から派生したもので、「素晴らしい」や「最高」という意味で使われます。例えば、友達が新しい服を着ているのを見て「Vyzeráš slay!(すごく素敵だね!)」と言うことができます。

2. Flexiť

「Flexiť」は、何かを自慢する際に使われる言葉です。英語の「flex」から来ています。例えば、誰かが新しい車を見せびらかしている時に「Flexí svoje nové auto(彼は新しい車を自慢している)」と言います。

3. Lit

「Lit」は「とても楽しい」や「最高に盛り上がっている」という意味で使われます。パーティーやイベントが盛り上がっている時に「Táto párty je lit(このパーティーは最高だ)」と言います。

4. YOLO

これは「You Only Live Once(人生は一度きり)」の略で、リスクを冒してでも何かをやってみる時に使います。例えば、友達が高い崖から飛び降りる時に「YOLO, poďme na to!(人生一度きりだ、やってみよう!)」と言います。

5. Savage

「Savage」は「容赦ない」や「過激な」という意味で使われます。例えば、誰かが非常に厳しいコメントをした時に「To bolo savage(それは容赦なかった)」と言います。

6. Ghostovať

これは英語の「ghosting」から来ており、突然連絡を絶つことを指します。例えば、デートの後で連絡が途絶えた場合に「Ghostoval ma(彼/彼女は私をゴーストした)」と言います。

7. FOMO

「Fear Of Missing Out(取り残される恐怖)」の略で、何か楽しいことを逃してしまう恐怖を指します。例えば、友達が楽しそうなイベントに行くのを見て「Mám FOMO(取り残されたくない)」と言います。

8. Instať

これは「Instagram」を使うことを意味します。例えば、友達が何かを写真に撮って投稿する時に「Insta to(インスタに投稿して)」と言います。

9. Hype

「Hype」は「盛り上がる」や「期待が高まる」という意味で使われます。例えば、新しい映画が公開される前に「Je okolo toho veľa hype(それについての期待が高まっている)」と言います。

10. Thirsty

「Thirsty」は「必死」や「何かを切望している」という意味で使われます。例えば、誰かがSNSで頻繁に自己アピールをしている時に「Je veľmi thirsty(彼/彼女は非常に必死だ)」と言います。

まとめ

これらの用語を理解し、使いこなせるようになることで、スロバキアのミレニアル世代とよりスムーズにコミュニケーションを取ることができます。新しい言葉を覚えるのは難しいかもしれませんが、実際に使ってみることで自然と身についてきます。ぜひ、これらの用語を日常会話に取り入れてみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。