どの言語を学びたいですか?

知っておくべきスペインのミレニアル世代の用語トップ 10

スペイン語を学ぶにあたり、その文化や時代の流行を理解することも重要です。特に、ミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)の間で使われる言葉や表現を知っておくと、より自然なコミュニケーションが取れるようになります。この世代はインターネットやSNSの普及とともに成長し、独特の語彙や表現を生み出してきました。この記事では、スペインのミレニアル世代がよく使うトップ10の用語を紹介します。

1. Guay

この単語は「クール」や「素晴らしい」を意味します。ほとんどの状況で使える便利な言葉で、スペイン全土で広く使われています。例えば、新しい服を見せた友達に対して「¡Qué guay!(クールだね!)」と言うことができます。

2. Molar

「Molar」は「好き」や「楽しむ」という意味で使われます。動詞として使われ、例えば「Esta película mola mucho.(この映画すごく面白いよ。)」という風に使います。動詞の活用が少し複雑ですが、慣れると会話が楽になります。

3. Flipar

この言葉は驚きや興奮を表現するために使われます。「Flipo con esto.(これには驚いた!)」のように使われ、ポジティブな意味でもネガティブな意味でも使われます。状況に応じて使い分けることが大切です。

4. Currar

「Currar」は「働く」という意味のスラングです。例えば、「Tengo que currar mañana.(明日は仕事があるんだ。)」のように使います。仕事に関連する話題でよく使われるので、ビジネスシーンでも耳にすることがあります。

5. Pasar

通常の意味では「通る」や「渡す」ですが、ミレニアル世代の間では「気にしない」や「無視する」という意味でも使われます。例えば、「Paso de tus tonterías.(君のバカなことは気にしないよ。)」という風に使います。

6. Chungo

この言葉は「悪い」や「難しい」という意味で使われます。例えば、「Este examen está chungo.(この試験は難しい。)」というように使います。ネガティブな状況を表現する時に便利です。

7. Petarlo

「Petarlo」は「大成功する」や「大ヒットする」という意味です。例えば、「La fiesta de anoche lo petó.(昨夜のパーティーは大成功だった。)」という風に使います。ポジティブな結果や状況を表現する時に使います。

8. Tronco/Tronca

友達を指すカジュアルな表現として使われます。「Hey, tronco. ¿Qué tal?(やあ、友よ。元気?)」のように使います。親しい友人同士で使われることが多いです。

9. Tío/Tía

「Tío」や「Tía」は「おじさん」や「おばさん」を意味しますが、ミレニアル世代の間では「友達」や「人」を指すカジュアルな表現として使われます。例えば、「Ese tío es muy simpático.(あの人はとても親切だ。)」という風に使います。

10. Joder

この言葉は非常に強い言葉で、「くそ」や「ちくしょう」といった意味を持ちます。ネガティブな感情を強く表現する時に使われますが、使いすぎには注意が必要です。例えば、「¡Joder, qué mal día!(くそ、なんて悪い日だ!)」という風に使います。

まとめ

スペインのミレニアル世代が使うこれらの用語を理解し、使いこなすことで、より自然で親しみやすいスペイン語を話せるようになります。これらの言葉は日常会話で頻繁に使われるため、覚えておくとコミュニケーションがスムーズになります。もちろん、状況や相手に応じて適切に使うことが大切です。スペイン語のスラングを学び、実際に使ってみることで、語学学習の楽しさも倍増します。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。