どの言語を学びたいですか?

知っておくべきオランダのZ世代のスラング用語トップ10

オランダ語を学ぶ際に、日常会話や文化的背景を理解するためには、スラングや若者言葉を知っておくことが非常に重要です。特にZ世代、すなわち1990年代後半から2010年代初頭に生まれた若者たちの間で使われるスラングは、現代オランダ語の一部となっています。この記事では、オランダのZ世代がよく使用するスラング用語トップ10をご紹介します。これらの言葉を覚えておけば、オランダの若者文化により深く入り込むことができるでしょう。

1. Lit

「Lit」は英語から派生したスラングで、オランダでも若者の間で広く使われています。「最高」、「すごい」、「素晴らしい」などの意味を持ちます。たとえば、友達と一緒に楽しい時間を過ごしているときに「Dit feest is zo lit!」と言えば、「このパーティーは最高だ!」という意味になります。

2. Fissa

「Fissa」は「パーティー」を意味するスラングです。特に若者の間で頻繁に使われます。たとえば、週末に友達をパーティーに誘うときに「Ga je mee naar de fissa?」と言えば、「パーティーに行かない?」という意味になります。

3. Hella

「Hella」は「とても」や「めちゃくちゃ」という意味を持つスラングです。元々は英語の「hell of a」から派生した言葉で、オランダの若者の間でもよく使われています。たとえば、「Dat is hella cool!」と言えば、「それはめちゃくちゃかっこいい!」という意味になります。

4. Bro

「Bro」は「兄弟」を意味する英語の「brother」から派生したスラングで、友達同士で親しみを込めて使われます。たとえば、親しい友達に対して「Wat is er aan de hand, bro?」と言えば、「どうしたんだ、兄弟?」という意味になります。

5. Flexen

「Flexen」は「見せびらかす」という意味のスラングです。特に自分の持っているものや達成したことを誇示する際に使われます。たとえば、新しい靴を買って友達に見せるときに「Ik ben aan het flexen met mijn nieuwe schoenen.」と言えば、「新しい靴を見せびらかしてるんだ。」という意味になります。

6. Squad

「Squad」は「仲間」や「チーム」を意味するスラングです。友達グループや仲間たちを指すときに使われます。たとえば、友達と一緒に出かけるときに「De squad is hier!」と言えば、「仲間がここにいる!」という意味になります。

7. Chill

「Chill」は「リラックスする」や「落ち着く」という意味のスラングです。また、「楽しい」や「素敵な」という意味でも使われます。たとえば、リラックスしたいときに「Laten we chillen.」と言えば、「リラックスしよう。」という意味になります。

8. Savage

「Savage」は「過激な」や「大胆な」という意味を持つスラングです。特に誰かの行動や発言が非常に大胆である場合に使われます。たとえば、友達が大胆なことを言ったときに「Dat was savage!」と言えば、「それは過激だった!」という意味になります。

9. Goals

「Goals」は「目標」や「理想」を意味するスラングです。特に自分が達成したいことや憧れるものを指すときに使われます。たとえば、美しいカップルを見たときに「They are goals.」と言えば、「彼らは理想のカップルだ。」という意味になります。

10. Extra

「Extra」は「過剰な」や「大げさな」という意味のスラングです。特に誰かが必要以上に何かをする場合に使われます。たとえば、友達が派手な服装をしているときに「Ze is zo extra.」と言えば、「彼女はとても大げさだ。」という意味になります。

まとめ

オランダのZ世代が使うスラングを理解することは、彼らの文化や日常生活により深く入り込むための鍵です。これらのスラング用語を覚えて、実際の会話で使ってみることで、オランダ語のスキルを一段と高めることができるでしょう。また、スラングは常に進化しているため、新しい言葉や表現にも興味を持ち続けることが大切です。オランダ語を学ぶ過程で、これらのスラングがあなたの言語スキルを豊かにし、より自然な会話を楽しむ手助けとなることを願っています。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。