どの言語を学びたいですか?

知っておくべきオランダのミレニアル用語トップ 10

オランダ語を学び始めると、現代の若者たちが使うスラングや流行語に出会うことが多いでしょう。これらの言葉は、日常会話やソーシャルメディアで頻繁に使われ、オランダ文化やミレニアル世代のライフスタイルを理解する手助けになります。このガイドでは、オランダのミレニアル用語トップ10を紹介します。これらの用語を知っておくことで、オランダ語のスピーキングスキルを一段と高めることができるでしょう。

1. Gezellig

Gezelligはオランダ語の中で最も独特で、多様な意味を持つ言葉の一つです。直訳すると「居心地が良い」や「楽しい」という意味ですが、実際にはもっと深い意味を含んでいます。例えば、友達と過ごす時間や、カフェでのリラックスしたひとときなど、心地よい瞬間すべてに使われます。

2. Leuk

Leukは「楽しい」や「素晴らしい」という意味の形容詞です。何かが気に入ったときや、何かが面白いと感じたときに使います。例えば、新しい映画が面白かったとき、「Die film was leuk!」と言います。

3. Appen

Appenは「WhatsAppでメッセージを送る」という意味の動詞です。WhatsAppはオランダで非常に人気があり、日常会話で頻繁に使われます。「Ik app je later.」(後でメッセージするね)という具合に使います。

4. Tof

Tofは「クール」や「すごい」という意味のスラングです。何かがとても良いと感じたときに使います。例えば、新しい服を見せたときに「Dat is tof!」(それはすごい!)と言います。

5. Borrelen

Borrelenは友達や同僚と一緒に軽く飲みながらおしゃべりすることを指します。通常、夕方や週末に行われ、ビールやワインとともに軽食を楽しむことが多いです。「We gaan vanavond borrelen.」(今晩、軽く飲みに行こう)という風に使います。

6. FOMO

FOMOは「Fear Of Missing Out」の略で、「取り残される恐怖」を意味します。これは特にソーシャルメディアで他人の楽しそうな投稿を見るときに感じる感情を指します。「Ik heb echt FOMO als ik hun foto’s zie.」(彼らの写真を見ると、本当にFOMOを感じる)という具合に使います。

7. Chill

Chillは「リラックスする」や「落ち着く」という意味のスラングです。英語の「chill」と同じ意味で使われ、ストレスを解消するために使います。「Laten we chillen.」(リラックスしよう)と言います。

8. Flexen

Flexenは「自慢する」や「見せびらかす」という意味のスラングです。何かを誇示したり、他人に見せつけるときに使います。「Hij is altijd aan het flexen met zijn nieuwe auto.」(彼はいつも新しい車を自慢している)という具合に使います。

9. Hosselen

Hosselenは「副業をする」や「サイドビジネスを持つ」という意味の動詞です。特にミレニアル世代の間で、主な仕事の他に副業を持つことが一般的になっています。「Ik ben aan het hosselen naast mijn baan.」(仕事の傍ら、副業をしている)という風に使います。

10. Lit

Litは「最高」や「とても楽しい」という意味のスラングです。特にパーティーやイベントがとても盛り上がっているときに使います。「Die party was echt lit!」(あのパーティーは本当に最高だった!)と言います。

まとめ

以上がオランダのミレニアル用語トップ10です。これらの用語を学び、実際の会話で使うことで、オランダ語の理解が深まるだけでなく、現地の若者たちとのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。オランダ語を学ぶ上で、これらのスラングや流行語を知っておくことは非常に役立ちます。次回オランダに行ったときや、オランダ人の友達と話すときに、ぜひこれらの言葉を使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。