どの言語を学びたいですか?

知っておくべきエストニアのZ世代のスラング用語トップ10

エストニアはバルト三国の一つであり、その独自の言語と文化を持っています。特にZ世代(1990年代後半から2010年代初頭に生まれた世代)は、独自のスラングを使ってコミュニケーションをとります。これらのスラングを知っておくことで、エストニアの若者たちとより親しくなれるでしょう。本記事では、知っておくべきエストニアのZ世代のスラング用語トップ10を紹介します。

1. “Vibe”

Vibe」は英語から直接借用されたもので、エストニアの若者たちがしばしば使う言葉です。これは何かの雰囲気や感じを指します。例えば、「このパーティーはいいvibeがある」と言うと、「このパーティーは雰囲気が良い」という意味になります。

2. “Chill”

Chill」も英語からの借用語で、リラックスすることや落ち着くことを意味します。友達と一緒にリラックスして過ごす時間を指す際によく使われます。例えば、「今日は家でchillする」というと、「今日は家でリラックスする」という意味です。

3. “Norm”

Norm」は「普通の」または「大丈夫」の意味で使われます。例えば、「昨日のテストはどうだった?」と聞かれたときに「Norm」と答えると、「普通だった」または「大丈夫だった」という意味になります。

4. “Flex”

Flex」は自慢することを意味します。特に、何か特別なスキルや物を持っていることを見せびらかす際に使います。例えば、「彼は新しい車を買ってflexしている」というと、「彼は新しい車を買って自慢している」という意味です。

5. “Cringe”

Cringe」は何かが非常に恥ずかしい、または気まずいと感じるときに使います。例えば、「彼のスピーチは本当にcringeだった」というと、「彼のスピーチは本当に恥ずかしかった」という意味です。

6. “Hype”

Hype」は何かが非常に注目されている、または期待されていることを意味します。例えば、「新しいアルバムは本当にhypeだ」というと、「新しいアルバムは本当に期待されている」という意味です。

7. “Mood”

Mood」は特定の気分や感情を指します。特に、何かに共感する際に使われます。例えば、友達が「今日は全然やる気がない」と言ったときに「Mood」と答えると、「私も同じ気持ちだ」という意味になります。

8. “Ghost”

Ghost」は誰かを無視することを意味します。特に、メッセージを送っても返信がない場合に使われます。例えば、「彼女にメッセージを送ったけどghostされた」というと、「彼女にメッセージを送ったけど無視された」という意味です。

9. “Lit”

Lit」は何かが非常に楽しい、またはエキサイティングであることを意味します。例えば、「昨日のパーティーは本当にlitだった」というと、「昨日のパーティーは本当に楽しかった」という意味です。

10. “Savage”

Savage」は非常に大胆で、時には無礼な行動や発言を指します。例えば、「彼のコメントは本当にsavageだった」というと、「彼のコメントは本当に大胆で無礼だった」という意味です。

まとめ

エストニアのZ世代のスラングを知ることは、彼らとのコミュニケーションをスムーズにし、より親密な関係を築くために非常に役立ちます。これらのスラングを覚えて、実際の会話で使ってみてください。エストニアの若者たちとの会話がもっと楽しくなることでしょう。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。