どの言語を学びたいですか?

知っておくべきエストニアのミレニアル用語トップ 10

エストニアは、バルト三国の一つであり、独自の文化と歴史を持つ国です。最近では、テクノロジーの発展とともにエストニアの若者たちが使うユニークなスラングや用語が注目されています。特にミレニアル世代が使う言葉には、日常会話やオンラインで頻繁に見られるものが多いです。この記事では、エストニアのミレニアル用語トップ10を紹介し、その意味や使い方について詳しく説明します。

1. Chill

この言葉は英語から来ており、エストニアの若者たちの間で広く使われています。「リラックスする」や「のんびりする」という意味を持ちます。例えば、友達に「今日は何してる?」と聞かれたときに、「ただ、chillしてるだけ」と答えることができます。

2. Lit

こちらも英語由来のスラングで、「最高に楽しい」や「興奮する」といった意味です。パーティーやイベントがとても楽しかった場合、「そのパーティーは本当にlitだった」と表現します。

3. YOLO

「You Only Live Once」の略で、「人生は一度きり」という意味です。新しいことに挑戦する時や大胆な行動を取るときによく使われます。例えば、「あの高い塔から飛び降りるの?本気?」と聞かれたときに、「YOLOだよ」と答えることができます。

4. FOMO

「Fear Of Missing Out」の略で、「何かを逃すことへの恐れ」を意味します。友達が楽しそうなイベントに行っているのを見て、自分も行きたいと思ったときに、「FOMOで辛い」と表現します。

5. Insta

「Instagram」の略で、エストニアの若者たちの間で頻繁に使われます。写真や動画を共有するためのソーシャルメディアプラットフォームとして広く認知されています。「昨日のパーティーの写真をInstaにアップした?」というように使います。

6. Hakkama saama

エストニア語の表現で、「上手くやる」や「成功する」という意味です。試験に合格したり、難しいタスクをこなしたときに、「彼はそれをhakkama saamaした」と言います。

7. Soss

エストニア語の「sõbranna」と「sõber」から派生した言葉で、「友達」や「親友」を意味します。親しい友達に対して「soss」と呼びかけることができます。

8. Vabsee

「全く」や「完全に」という意味を持つエストニア語のスラングです。「彼はvabseeに理解していない」というように、何かを全く理解していない状況で使います。

9. Lõpp

「終わり」や「最後」という意味ですが、エストニアのミレニアルたちは「とても」や「非常に」という意味でも使います。例えば、「その映画はlõppに面白かった」と言います。

10. Krõbe

「カリカリ」や「パリパリ」という意味のエストニア語ですが、若者たちの間では「素晴らしい」や「クール」という意味でも使われます。「その新しいジャケットは本当にkrõbeだね」と言います。

エストニアの文化と若者言葉

エストニアの若者たちが使うスラングや用語は、彼らの文化やライフスタイルを反映しています。英語の影響を受けながらも、エストニア語独自の表現も多く見られます。これらの言葉を学ぶことで、エストニアの若者たちとのコミュニケーションがスムーズになり、彼らの文化をより深く理解することができます。

まとめ

この記事で紹介したエストニアのミレニアル用語トップ10は、日常会話やソーシャルメディアで頻繁に使われる重要な表現です。これらの言葉を覚えて使いこなすことで、エストニアの若者たちとの距離が縮まり、コミュニケーションがより楽しくなるでしょう。エストニアのユニークな文化を理解する一助となれば幸いです。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。