どの言語を学びたいですか?

知っておくべきウェールズのZ世代のスラング用語トップ10

ウェールズはその豊かな文化と美しい風景で知られていますが、近年では若者たちのユニークなスラングも注目されています。特にZ世代(1990年代後半から2010年代初めに生まれた人々)は、新しいスラングを生み出し、日常会話に取り入れています。ウェールズのZ世代のスラングを知ることで、彼らの文化や日常生活をより深く理解することができるでしょう。以下に、知っておくべきウェールズのZ世代のスラング用語トップ10を紹介します。

1. Cwtch(クッチ)

「Cwtch」はウェールズ語で「抱きしめる」や「ハグ」を意味しますが、Z世代の間では特に親しい人との温かい抱擁を表す言葉として使われています。この言葉は感情的なつながりを強調するため、友人や家族との間でよく使われます。

2. Lush(ラッシュ)

「Lush」は元々「豪華な」や「素晴らしい」という意味ですが、ウェールズの若者たちはこの言葉を使って「最高」「すごい」といった意味を表現します。たとえば、「That party was lush!(あのパーティーは最高だった!)」のように使います。

3. Tamping(タンピング)

「Tamping」は「非常に怒っている」や「激怒している」を意味します。何かに対して非常に不満を感じたときに使われます。「I was tamping when I found out!(知ったときは本当に怒ったよ!)」といった具合です。

4. Banging(バンギング)

「Banging」は「素晴らしい」や「すごい」を意味し、特に音楽や食べ物に対して使われます。「This song is banging!(この曲はすごい!)」や「The food was banging!(食べ物が最高だった!)」のように使います。

5. Chopsy(チョプシー)

「Chopsy」は「おしゃべりな」や「うるさい」を意味し、誰かが口数が多いときやうるさいと感じるときに使われます。「He’s so chopsy today!(彼は今日とてもおしゃべりだね!)」のように使います。

6. Daps(ダップス)

「Daps」はスニーカーや運動靴を指すスラングです。特に学校やスポーツの場でよく使われます。「Don’t forget your daps for PE!(体育のためにスニーカーを忘れないでね!)」のように使います。

7. Gaff(ガフ)

「Gaff」は「家」や「住まい」を意味します。友人を自宅に招待するときなどに使われます。「Come over to my gaff tonight!(今夜は私の家に来てね!)」のように使います。

8. Butty(バティ)

「Butty」は「友達」や「仲間」を意味し、親しい友人に対して使われます。「How’s it going, butty?(調子はどうだい、友よ?)」のように使います。

9. Minging(ミンギング)

「Minging」は「ひどい」や「不快な」を意味し、特に見た目や匂いに対して使われます。「This food is minging!(この食べ物はひどい味だ!)」のように使います。

10. Chuffed(チャフド)

「Chuffed」は「とても嬉しい」や「満足している」を意味します。何か良いことが起きたときに使います。「I’m chuffed with my exam results!(試験の結果にとても満足している!)」のように使います。

まとめ

ウェールズのZ世代のスラングはその文化や日常生活を反映しています。これらのスラングを知ることで、ウェールズの若者たちとのコミュニケーションがよりスムーズになるだけでなく、彼らの文化や価値観を深く理解する手助けにもなるでしょう。次回ウェールズを訪れた際には、ぜひこれらのスラングを試してみてください。新しい友達を作るきっかけになるかもしれませんよ!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。