どの言語を学びたいですか?

知っておくべきインドネシアのミレニアル用語トップ 10

インドネシア語を学んでいる皆さん、こんにちは!インドネシア語はその豊かな文化と歴史を背景に、常に進化している言語です。特に若い世代、つまりミレニアル世代の間では、新しいスラングや表現が次々と生まれています。これらの用語を理解することで、より自然な会話ができるようになり、現地の若者たちとのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。この記事では、知っておくべきインドネシアのミレニアル用語トップ10を紹介します。

1. Kepo

Kepoは「好奇心が強い」または「何でも知りたがる」という意味のスラングです。例えば、友達が何か秘密を隠しているような時に、「君は本当にkepoanだね」と言うことができます。この言葉は、もともと英語の「Know Every Particular Object」の頭文字を取ったものです。

2. Baper

Baperは「感情的になる」または「感情に流される」という意味です。インドネシアの若者たちは、感情的になりすぎる友達に対して「Jangan baper, dong!」(感情的にならないでよ!)と言うことがあります。この言葉は「Bawa Perasaan」(気持ちを持ち運ぶ)の略語です。

3. Gabut

Gabutは「暇」や「何もすることがない」という意味のスラングです。例えば、週末に特に予定がない時、「Hari ini gabut banget, nih」(今日は本当に暇だな)と言うことができます。この言葉は「Gaji Buta」(無駄な給与)の略語から来ています。

4. Mager

Magerは「動きたくない」または「やる気がない」という意味です。例えば、友達が家に遊びに来るように誘った時に、怠け者の友達が「Aku mager banget hari ini」(今日は本当に動きたくない)と言うかもしれません。この言葉は「Malas Gerak」(動くのが面倒)の略語です。

5. Bucin

Bucinは「恋愛に夢中になる」または「恋愛に盲目になる」という意味です。恋に落ちた友達がいつも恋人のことばかり話している場合、「Kamu bucin banget, ya」(君、本当に恋愛に夢中だね)と言うことができます。この言葉は「Budak Cinta」(愛の奴隷)の略語です。

6. Caper

Caperは「注目を引きたい」または「目立ちたがる」という意味です。例えば、友達が意識的に大きな声で話して注目を集めようとしている場合、「Jangan caper, deh!」(目立ちたがりはやめてよ!)と言うことができます。この言葉は「Cari Perhatian」(注目を探す)の略語です。

7. Kudet

Kudetは「時代遅れ」または「最新の情報に疎い」という意味です。例えば、最新の音楽や映画について知らない友達に対して、「Kamu kudet banget, sih!」(君、本当に時代遅れだね!)と言うことができます。この言葉は「Kurang Update」(情報不足)の略語です。

8. Halu

Haluは「幻想的」または「現実と夢の区別がつかない」という意味です。例えば、友達がありえない夢を語り始めた時に、「Kamu halu banget, deh!」(君、本当に幻想的だね!)と言うことができます。この言葉は「Halusinasi」(幻覚)の略語です。

9. PHP

PHPは「偽りの希望を与える」という意味です。例えば、誰かが他人に期待を持たせておいて結局何もしない場合、「Dia itu PHP banget」(彼は本当にPHPだ)と言うことができます。この言葉は「Pemberi Harapan Palsu」(偽りの希望を与える人)の略語です。

10. Sableng

Sablengは「クレイジー」または「変わっている」という意味のスラングです。例えば、友達が予想外の行動を取った時に、「Kamu sableng banget!」(君、本当に変わっているね!)と言うことができます。この言葉は、特定の文脈で使われると親しみを込めた冗談として受け取られます。

まとめ

これらのミレニアル用語を理解することで、インドネシア語の会話が一層楽しくなり、現地の若者たちとのコミュニケーションも円滑になるでしょう。これからも新しい用語や表現が登場するかもしれませんので、常にアンテナを張っておきましょう。インドネシア語の学習を楽しんでくださいね!

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。