どの言語を学びたいですか?

知っておくべきアフリカーンス語 Z 世代のスラング用語トップ 10

アフリカーンス語は、南アフリカ共和国やナミビアなどで広く話されている言語であり、オランダ語から派生した言語です。近年、Z世代(1990年代半ばから2010年代初頭に生まれた世代)の若者たちが使うアフリカーンス語のスラングが注目を集めています。この記事では、知っておくべきアフリカーンス語のZ世代スラング用語トップ10を紹介し、それぞれの意味や使い方について詳しく説明します。

1. Lekker

アフリカーンス語の「lekker」は「素晴らしい」や「楽しい」という意味を持ち、Z世代の間で非常に人気のある言葉です。例えば、友達と楽しい時間を過ごした後に、「それは本当にlekkerだった!」と言うことができます。

2. Jol

Jol」は「パーティー」や「楽しむ」という意味です。若者たちは週末や特別なイベントを楽しむ際にこの言葉をよく使います。「今夜は大きなjolがあるよ!」という風に使います。

3. Bra

Bra」は「兄弟」や「友達」という意味で、英語の「bro」に相当します。親しい友人同士で使われることが多いです。「やあ、bra、元気?」といった具合に挨拶として使います。

4. Bakkie

Bakkie」は小型のトラックやピックアップトラックを指す言葉ですが、Z世代の間では「車」という意味でも使われます。「新しいbakkieを買ったよ!」という風に言います。

5. Skei

Skei」は「別れる」や「離れる」という意味を持ちます。特に恋人同士が別れる際に使われます。「彼女とskeiした」と言えば、「彼女と別れた」という意味です。

6. Chommie

Chommie」は「友達」という意味で、親しい友人に対して使います。「今夜はchommieと遊びに行く」と言えば、「今夜は友達と遊びに行く」という意味です。

7. Kief

Kief」は「クール」や「素晴らしい」という意味です。若者たちは何かが非常に良いと思った時にこの言葉を使います。「その音楽は本当にkiefだね!」と言うことができます。

8. Slap

Slap」は「だるい」や「疲れた」という意味です。特に疲れた時や何もしたくない時に使われます。「今日は本当にslapだ」と言えば、「今日は本当にだるい」という意味です。

9. Gaan aan

Gaan aan」は「続ける」や「進む」という意味です。何かを続けることを奨励する際に使われます。「そのままgaan aan!」という風に使います。

10. Skelm

Skelm」は「悪党」や「詐欺師」という意味で、誰かが不正を働いている時に使います。「彼は本当にskelmだ」と言えば、「彼は本当に悪党だ」という意味です。

まとめ

アフリカーンス語のZ世代のスラングは、若者たちの間で広く使われており、それぞれの言葉には独特のニュアンスや意味が込められています。これらのスラングを理解することで、アフリカーンス語を話す若者たちとのコミュニケーションがより円滑になるでしょう。是非、これらのスラングを日常の会話で使ってみてください。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。