どの言語を学びたいですか?

ನೋಡು (Nōḍu) vs. ಕೇಳು (Kēḷu) – カンナダ語で「見る」と「聞く」

カンナダ語を学ぶ中で、見る聞くという基本的な動作を表現する単語に触れることは避けられません。日本語では見るは「見る」、聞くは「聞く」と訳されますが、カンナダ語にはそれぞれに対応する単語があります。それがನೋಡುNōḍu)とಕೇಳುKēḷu)です。この二つの単語を正しく使い分けることは、カンナダ語を効果的に学ぶための重要なステップです。

ನೋಡು(Nōḍu)について

ನೋಡುNōḍu)は見るという意味です。この単語は視覚的な行為を指すときに使われます。たとえば、映画を見る、風景を見る、誰かの顔を見るなどです。

例文

1. ನಾನು ಸಿನಿಮಾ ನೋಡುತ್ತೇನೆ。(私は映画を見ます。)
2. ನೀವು ಈ ದೃಶ್ಯವನ್ನು ನೋಡಿದಿರಾ?(あなたはこの景色を見ましたか?)
3. ಅವನು ಅವಳನ್ನು ನೋಡುತ್ತಿದ್ದಾನೆ。(彼は彼女を見ています。)

このように、ನೋಡುは視覚的な対象に対して使われることが多いです。

ಕೇಳು(Kēḷu)について

一方、ಕೇಳುKēḷu)は聞くという意味です。この単語は聴覚的な行為を指すときに使われます。たとえば、音楽を聞く、誰かの話を聞く、ニュースを聞くなどです。

例文

1. ನಾನು ಸಂಗೀತವನ್ನು ಕೇಳುತ್ತೇನೆ。(私は音楽を聞きます。)
2. ನೀವು ಆ ಸುದ್ದಿ ಕೇಳಿದಿರಾ?(あなたはそのニュースを聞きましたか?)
3. ಅವಳು ಅವರ ಮಾತುಗಳನ್ನು ಕೇಳುತ್ತಿದ್ದಾಳೆ。(彼女は彼の言葉を聞いています。)

このように、ಕೇಳುは聴覚的な対象に対して使われることが多いです。

ನೋಡುとಕೇಳುの使い分け

カンナダ語を学ぶ際に重要なのは、ನೋಡುಕೇಳುの使い分けを理解することです。視覚的な行為を表すときにはನೋಡುを使い、聴覚的な行為を表すときにはಕೇಳುを使います。

たとえば、以下のような文を考えてみましょう。

1. 私はテレビを見ます
2. 私はラジオを聞きます

この二つの文をカンナダ語に翻訳すると、次のようになります。

1. ನಾನು ಟಿವಿಯನ್ನು ನೋಡುತ್ತೇನೆ。(私はテレビを見ます。)
2. ನಾನು ರೇಡಿಯೋವನ್ನು ಕೇಳುತ್ತೇನೆ。(私はラジオを聞きます。)

このように、見る行為にはನೋಡು聞く行為にはಕೇಳುを使います。

練習問題

ここでは、ನೋಡುಕೇಳುを使った練習問題をいくつか提供します。以下の文をカンナダ語に翻訳してみてください。

1. 彼は美しい花を見ています
2. 私は新しいアルバムを聞きました
3. あなたはその映画を見ましたか
4. 彼女はその音楽を聞いています

解答

1. ಅವನು ಸುಂದರವಾದ ಹೂವನ್ನು ನೋಡುತ್ತಿದ್ದಾನೆ
2. ನಾನು ಹೊಸ ಆಲ್ಬಮ್ ಅನ್ನು ಕೇಳಿದೆ
3. ನೀವು ಆ ಸಿನಿಮಾವನ್ನು ನೋಡಿದಿರಾ?
4. ಅವಳು ಆ ಸಂಗೀತವನ್ನು ಕೇಳುತ್ತಿದ್ದಾಳೆ

これらの練習問題を通じて、ನೋಡುಕೇಳುの使い分けがさらに明確になるでしょう。

まとめ

カンナダ語で見ることを表現するにはನೋಡು聞くことを表現するにはಕೇಳುを使います。この二つの基本的な動詞を正しく使い分けることで、カンナダ語の理解が深まり、より自然なコミュニケーションが可能になります。練習問題を通じて、これらの単語の使用方法に慣れ親しんでください。カンナダ語学習の旅が成功に満ちたものになることを願っています。

TalkpalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。