Passato Remoto/Trapassato Remoto イタリア文法の演習

イタリア語の過去形には様々な形がありますが、その中でもPassato Remoto(遠過去)とTrapassato Remoto(大遠過去)は特に古い物語や歴史的な文脈でよく使われます。これらの時制は現代の会話ではあまり使われませんが、文学や歴史を理解するためには重要な知識です。

Passato Remotoは特にイタリア語圏の南部や文学、歴史的な文脈において使用される過去形で、英語のSimple Pastや日本語の過去形に相当します。遠い過去の出来事を表すのに使用されます。一方、Trapassato Remotoは更に過去の出来事の前の出来事を表すために使われ、Past Perfect(過去完了)の一種です。以下の演習を通じて、これらの時制の使い方を練習しましょう。

文法演習

文法理論

[related_child_taxonomies]

AIで言語を5倍速く学ぶ

TalkPalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。