Passato Prossimo/Passato Remoto イタリア文法の演習

イタリア語を学ぶ皆さん、今回は「パッサート・プロッシモ」と「パッサート・レモート」についての演習を行います。これらはイタリア語における過去形であり、異なる文脈や意味を伝えるために使い分けられます。「パッサート・プロッシモ」は、話し手に近い過去、もしくは結果が現在に続いているような出来事を表します。一方、「パッサート・レモート」は遠い過去、つまり歴史的または一区切りついた出来事に用いられます。

この2つの時制の使い分けはイタリア語習得において非常に重要です。以下の演習では、文の文脈を読み取り、適切な過去形を選んで空欄を埋める練習をします。それぞれの文に設けられたヒントを参考にしながら、正しい答えを見つけてください。イタリア語学習の旅は続きますので、楽しみながら学習していきましょう。

文法演習

文法理論

[related_child_taxonomies]

AIで言語を5倍速く学ぶ

TalkPalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。