Imperfetto/Passato Remoto イタリア文法の演習

イタリア語には、過去を表す時制として「インペルフェット(Imperfetto)」と「パッサート・レモート(Passato Remoto)」があります。インペルフェットは、過去の繰り返される動作や習慣、またその時の状況を表すのに用いられ、英語の過去進行形や単純過去形に相当することもあります。一方、パッサート・レモートは、過去に完了した特定の出来事や瞬間的な動作を表し、英語でいう単純過去形に近い用法です。これらの時制はイタリア語を学ぶ上で非常に重要であり、正しい使い方を身につけることが必要です。

今回の演習では、これらの時制を適切に使い分ける練習をします。各文においてインペルフェットまたはパッサート・レモートの正しい形を選んで空欄を埋める練習を通して、過去時制の理解を深めましょう。文脈によってどちらの時制を使うべきかを考えながら演習を進めてください。

文法演習

文法理論

[related_child_taxonomies]

AIで言語を5倍速く学ぶ

TalkPalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。