Imperfetto イタリア文法の演習

イタリア語では、過去を表現する時制がいくつかありますが、その中でも「Imperfetto(インペルフェット)」は特によく使用される時制です。この時制は、習慣的な行動、同時に起こっていた動作、特定の時点ではなく一定期間に及ぶ行為など、過去の継続的または未完了の状態を伝えるために役立ちます。Imperfettoは文脈によって、英語のSimple Past、Past Progressiveといった時制に相当します。

Imperfettoの文法演習を通して、この時制の形成と使用方法をしっかりと理解しましょう。演習を通じて多様な文脈の中でImperfettoがどのように使われるかを学ぶことで、言語感覚を磨き、自然なイタリア語表現を身に付けることができるでしょう。それでは、以下の文を使ってImperfettoの練習をしてみましょう。

文法演習

文法理論

[related_child_taxonomies]

AIで言語を5倍速く学ぶ

TalkPalはAIを搭載した言語チューターです。 画期的なテクノロジーで57以上の言語を5倍速く学べます。